猫でもわかる 秘密の英語勉強会

TOEICにもよく出る! 1分で覚える英語フレーズ

『1分で覚える英語フレーズ』カテゴリーの記事一覧です。

これらの記事では、よく使われる英語のフレーズを簡単に説明しています。

英語の色々なフレーズを覚えることで、英会話の表現力に幅をもたせるだけでなく、リーディング力やリスニング力のアップにもつながります。

1分で覚える「for fear 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「for fear 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 辞書で fear の意味を調べると「恐れ」とありますね。 for fear 〜 は「恐れのために」かな?

1分で覚える「so that 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「so that 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 それ、最近勉強した気がするんですが。 以前勉強したのは「so 〜 that ...」だから、今回の「so that 〜」とは似ているように見えて違うよ。 関連記事 1分で覚える「so 〜 that ...」の意味と…

1分で覚える「look like 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「look like 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 look は「見る」だから何かを見るんですか? いや、この look はおなじみの「見る」という意味ではないよ。

1分で覚える「prevent A from -ing」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「prevent A from -ing」の意味と使い方を勉強しよう。 prevent を辞書で調べると「妨げる」か。 何かを妨げるのかな?

1分で覚える「cannot help -ing」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「cannot help -ing」の意味と使い方を勉強しよう。 これは「助けることができない」ですか? help には「助ける」という意味もあるけど、今回のフレーズでは違う意味で使われているんだよ。

1分で覚える「come true」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「come true」の意味と使い方を勉強しよう。 「真実が来る」・・・・・・ではないですよね。 come は必ずしも「来る」ではないからね。

1分で覚える「cannot 〜 too ...」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「cannot 〜 too ...」の意味と使い方を勉強しよう。 too ... は「・・・すぎる」だから、「・・・すぎることはできない」かな?

1分で覚える「so 〜 that ...」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「so 〜 that ...」の意味と使い方を勉強しよう。 so 〜 の部分には形容詞か副詞を置いて使うよ。 ということは so 〜 は「とても〜」かな。

1分で覚える「get together」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「get together」の意味と使い方を勉強しよう。 これは「一緒にゲットしよう」ですかね。 「ゲット」が英語のままじゃない。

1分で覚える「point to 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「point to 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 point と言うと「要点」や「点」ですか? それは名詞としての意味だね。このフレーズの point は「指す」「指し示す」などの動詞として使われているよ。

1分で覚える「at the same time」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「at the same time」の意味と使い方を勉強しよう。 same は「同じ」だから「同じ時に」かな?

1分で覚える「conflict with 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「conflict with 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 この conflict は動詞として使われる場合と名詞として使われる場合があるので両方見ていこう。 うぃっす。

1分で覚える「in public」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「in public」の意味と使い方を勉強しよう。 public は「公の」という意味でしたっけ。in public は「公の中」? public には「公の」という意味もあるけど、それは形容詞だね。今回のフレーズは in が前置詞なので、in の後に置かれる pu…

1分で覚える「sooner or later」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「sooner or later」の意味と使い方を勉強しよう。 「より早い、またはより遅い」って、どっちだよ。

1分で覚える「too good to be true」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「too good to be true」の意味と使い方を勉強しよう。 前回の「too 〜 to ...」と似ているような。 今回は前回の応用編みたいなものだね。 関連記事 1分で覚える「too 〜 to ...」の意味と使い方

1分で覚える「too 〜 to ...」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「too 〜 to ...」の意味と使い方を勉強しよう。 これはさすがに僕でも知ってるやつだ。 初歩的なフレーズだけど、大事なのでちゃんとやっておこう。

1分で覚える「under consideration」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「under consideration」の意味と使い方を勉強しよう。 consideration は「検討」や「考慮」という意味だから under consideration は「検討の下」ですね。これは簡単。 意味が通ってないのに簡単も何もないでしょ。

1分で覚える「run the risk of 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「run the risk of 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 risk は「危険性」や「リスク」って意味でしょ。 run the risk of 〜 は「危険性を走らせる」?

1分で覚える「be popular with 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「be popular with 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 popular は「人気がある」とか「評判が良い」ですよね。 be popular with 〜 は「〜と一緒に人気がある」かな?

1分で覚える「by accident」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「by accident」の意味と使い方を勉強しよう。 accident は「事故」って意味でしたっけ? 事故の他にも色々な意味があるよ。

1分で覚える「all over」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「all over」の意味と使い方を勉強しよう。 「すべてオーバー」とは一体・・・・・・。

1分で覚える「as of 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「as of 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 名詞も動詞も使われていないんですね。 そう、初見ではちょっと意味が想像付かないんじゃないかな。

1分で覚える「known as 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「known as 〜」の意味と使い方を勉強しよう。 know は動詞の「知っている」で、known は過去分詞形だから「知られている」ですか。 そう、そして as は「〜として」という意味で使われているよ。

1分で覚える「make every effort」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「make every effort」の意味と使い方を勉強しよう。 effort は「努力」だから「全ての努力を作る」ですか? 努力を作るって何なのよ。

1分で覚える「out of control」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「out of control」の意味と使い方を勉強しよう。 「コントロールの外」ですか? コントロールできないということ? そうそう、今回は大体あってる。

1分で覚える「stop -ing」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「stop -ing」の意味と使い方を勉強しよう。 たとえば stop talking とか stop crying のように使うフレーズだね。 このフレーズはさすがに知ってますよ。でも、似たようなフレーズが他にもあったような・・・・・・。

1分で覚える「in case」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「in case」の意味と使い方を勉強しよう。 「ケースの中」ですか? そういえば似たようなフレーズを以前勉強した気がする。 以前勉強したのは「just in case」というフレーズだね。今回のフレーズと似ているから後で軽く復習しよう。

1分で覚える「treat A to B」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「treat A to B」の意味と使い方を勉強しよう。 このフレーズの A には人、B には物が入るよ。 treat って「取り扱う」って意味だっけ?

1分で覚える「at best」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「at best」の意味と使い方を勉強しよう。 「ベストを尽くせ」みたいな意味かな。 どうしたらそんな解釈になるのよ。 「最高でも」「せいぜい」 「at worst」

1分で覚える「What is A like?」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「What is A like?」の意味と使い方を勉強しよう。 「Aは何が好きですか?」かな。 いや、このフレーズの like は動詞の「好き」という意味ではないよ。