読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

楽しく英語を勉強することを目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを扱っています。

1分で覚える「That's why 〜」の意味と使い方

that's why 〜

今回は英語フレーズ「that's why 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

「だから〜だ」

that's why 〜 は「だから〜だ」という意味。先に理由を説明して、その後で結論を言うときに使われるよ。たとえば「彼女が僕のケーキを食べた。だから僕は彼女に怒ったんだ」という感じ。that's は that is の略ね。

細かい説明をすると、that's the reason why 〜 というフレーズがあって、この the reason を先行詞、why を関係副詞という。the reason は「理由」という意味。そして、先行詞の the reason を省略したのが今回の that's why 〜 「だから〜だ」となる。

これに関しては先行詞の省略とかややこしいことは気にせずに、そのまま that's why 〜 「だから〜だ」というフレーズを覚えてしまった方が早いよ。

 例文1

She ate my cake. That's why I got angry with her.

彼女が僕のケーキを食べた。だから僕は彼女に怒ったんだ。

 例文2

I don't have enough money to live on, and that's why I have to spend all my time doing part-time jobs.

僕は今生活費が足りなくてしかたなくバイトに明け暮れています。

[例文1] の get angry は「怒る」。be angry 「怒っている」との違いは、怒っている状態への変化を表している点だね。

基本動詞の get には「ある状態になる」というイメージがありましたね。

[例文2] の spend all my time doing part-time jobs を直訳すると「バイトに自分のすべての時間を費やす」となる。part-time job は「パートの仕事」や「アルバイト」のこと。

 例文3

That's why they've sent you to me.

だからここに送られた。

 例文4

That's why you have to turn to the Lord.

だからこそ、神を信じるのです。

[例文3] は映画『ショーシャンクの空に』で署長が囚人たちに言った台詞。この直前の台詞は「きみらは重罪を犯した」なので、先に理由を説明してから That's why 〜 で結論を伝えているでしょ。

[例文4] は映画『グラン・トリノ』の台詞。turn to 〜 は「〜に頼る」、Lord は「(キリスト教の) 神」という意味。

文頭に That's why を付けるだけなら、比較的簡単に使えるフレーズと言えますね。

だからこそ、神を信じるのです。

That is why

あなたが神か!

例文引用
[2] 英和活用大辞典
[3] 映画『ショーシャンクの空に』
[4] 映画『グラン・トリノ』

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。