読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

初心者による格安お絵かき環境の紹介。Windows10タブレット、クリスタ、他

現在のお絵かき環境

こんにちは。いつも『猫でもわかる 秘密の英語勉強会』にアクセスして頂きありがとうございます。突然ですが、今回は我が家のお絵かき環境を紹介したいと思います。

『秘密の英語勉強会』では、猫のレイがスケッチブックに色鉛筆で絵を描いている設定になっていますが、実際は安いタブレット PC を液タブの代わりにして、市販のお絵かきソフト『CLIP STUDIO PAINT』とあわせて使用しています。

僕はもともと絵を描く習慣はほとんどありませんでしたが、イラスト入りのブログを作りたいという思いがあったため、2016 年から簡単な環境でお絵かきに挑戦しています。

お絵かき用の機材としては、安くて小さなペンタブレット (板タブ) も所有しているのですが、ペンタブにどうしても慣れないため最近は Windows10 タブレットを使用しています。他には iPad mini も所有していますが、こちらは iPad Pro とは違い Apple Pencil が使えないため液タブ化して使うのは難しいですね。

それでは、まずはお絵かきソフトの簡単な紹介から始めます。

Clip Studio Paint Pro

Winスクショ

CLIP STUDIO PAINT、略してクリスタ。漫画用の機能が充実したお絵かきソフトです。無料のお絵かきソフトにも FireAlpaca などの優れた製品がありますが、思いきってクリスタを購入してみました。

『秘密の英語勉強会』では一枚絵しか描いていませんが、クリスタは漫画の枠線や吹き出しが簡単に描けたり漫画用素材が豊富に用意されていたりと非常に便利なソフトです。

クリスタのパッケージには「通常版」「公式リファレンスブック付」「初音ミク メイキングブック付」がありますが、僕は「公式リファレンスブック付」を購入しました。通常版より 900 円高くなりますが、2000 円の公式リファレンスブックが付いてきます。

公式リファレンスブックは 170 ページほどの冊子で、クリスタの操作方法などがフルカラーでわかりやすく説明されています。僕のようにお絵かきソフト自体に不慣れな初心者にはありがたい冊子です。

ところが、購入したクリスタの箱を開けてみると、公式リファレンスブックに負けず劣らずのしっかりとしたマニュアルが同梱されていました。そのため必ずしも公式リファレンスブックは必要ないかもしれません。

ASUS TransBook T90CHI-3775 タブレットを液タブ化

T90CHI

2015 年に発売され、非常に安価だったので衝動的に購入した Windows10タブレットです。iPad mini 並に小型のタブレットPCですが、付属のキーボードと合体してノートPCのように使うこともできます。(ペンは付属しません)

安価といっても板タブと比較するとやや高価な商品です。僕は持ち歩き用の PC として購入したので、PC としては安価だと思いました。もともとはお絵かき用に購入したわけではありませんが、今では液タブ (液晶タブレット) 風に使えるお絵かき環境として重宝しています。

OS が Android ではなく Windows10 なので、クリスタを始め一般的な Windows 用ソフトが使用できます。

TransBook は非常に小型軽量なので、カバンに入れて持ち歩いてもほとんど気になりません。本一冊持っているのと変わらない感覚で Windows PC が持ち歩けるのが魅力です。

ただし、お絵かき環境としては小型であることが短所にもなっています。詳しくは後で説明します。

スポンサーリンク

 

Dell Active Stylus (750-AAGN)

Active Stylus1

デジタイザ、つまりペン型の入力機器です。これがないとお絵かきできません。Active Stylus は筆圧感知にも対応しており、筆圧の強弱で線の太さが変化します。また、画面にペン先を近づけるとカーソルが表示されるので、本物の液タブっぽい気分が味わえます。

画面にカーソルが表示されている間は、手で画面を触っても認識されません。パームリジェクションというやつですね。ペン先が離れすぎないように気をつければ、手を画面に乗せたまま絵を描くことができます。

[追記] やはり手のひらで誤タップしてしまうことがたびたびあります。気づかないうちに絵に「ゴミ」がついたり、余計なボタンを押してしまったりしないように、2 本指グローブを付けた方が安全です。

[さらに追記] ダイソーに『3 本指先カットフィット手袋』という商品がありましたので試しに購入してみました。親指、人差し指、中指の第一関節から先がカットされています。ダイソーの手袋でも誤タップを防ぐ効果がありました。ただし、写真を比べるとわかる通り、専用のグローブは手の約半分が露出するので、ペンを素手で持つ感覚に近いです。この違いは好みが分かれると思います。

ダイソーの3本指先カットフィット手袋

 

Active Stylus 以外にも他社のデジタイザを 1 本購入しましたが、そちらは筆圧感知に対応しておらず線もカクカクになるため、とてもお絵かき用途で使えるものではありませんでした。100 円のタッチペンもお絵かきには使えません。お絵かき用としては、使えるデジタイザが限られているため注意が必要です。

Active Stylus はグリップ部分にボタンが 2 つあり、消しゴムツールと右クリックが割り当てられています。この割り当ての変更方法はわかりませんが、特に不満はないのでそのまま使っています。

Active Stylus2

動作には単 6 電池が必要です。変わった電池ですが Amazon で販売されているので、予備の電池も一緒に購入しました。

Active Stylus3

残念なことに、Active Stylus には電源の ON/OFF スイッチがありません。使わないときにはフタを 2、3 周ゆるめて電池を非接触にした方が省エネになると思います。

[追記] 1 分程度放置すると自動的にスリープ状態になるっぽいです。今ではフタをゆるめたりせずに、使い終わったらそのまま置いています。

 

タブレット PC で斜めの線を引くと線がガタガタになるという問題がよくあります。僕の環境でも実験してみました。

クリスタで手ぶれ補正をオフにして、画面に定規を置いて斜めの線を引くと以下の画像のようになります。

ななめ線

やはり、ワコムの液タブほど綺麗な線を引くことはできないようですね。ゆっくり線を引いた場合とすばやく引いた場合では大きな違いは見られないようです。

次に、手ぶれ補正をオン (最大) にして斜めの線を引くとこうなります。

ななめ線手ぶれ補正あり

この場合は、すばやく線を引くとまっすぐ綺麗な線になりました。ゆっくりだと相変わらずブレが生じています。絵を描くときも、この違いを意識した方が良いと思います。

タブレットスタンド

Tablet Stand1

絵を描くときには、タブレットをそのまま机に置くよりも少し傾斜を付けた方が使いやすいので、ダイソーでタブレットスタンドを購入しました。

このスタンドは 12 段階で角度調節ができるタイプなので、使いやすい角度に調節できて便利です。

同じ商品を 2 つ購入したつもりだったのですが、うっかり色違いを購入していたため統一感がありません。まさかカラーバリエーションがあったとは・・・・・・。

Tablet Stand4

このスタンドはプラスチック製ですべりやすいので、ホームセンターで滑り止めを購入して底面に貼り付けました。これでしっかり固定できます。これがないと手の重みでタブレットが逃げてしまいます。滑り止めの代わりに机にマットを敷いても良いかもしれません。

Tablet Stand5

タブレットを乗せるとこんな感じです。キーボードは Bluetooth 接続なので、外した状態でも使えます。

タブレットとスタンド

スポンサーリンク

 

iPad と連携してデュアルディスプレイ化

IPadと連携

Duet Display というアプリを使うと、iPad と T90CHI-3775 をライトニングケーブルでつないで、上の画像のようにデュアルディスプレイとして使うことができます (写真は iPad mini)。こうすることで、手元のタブレットで絵を描きながら、iPad でイラストの全体像を確認することができて便利です。

ただし、T90CHI-3775 には充電ポートも兼ねた microUSB が 1 つあるのみなので、ライトニングケーブルを直接つなぐことはできません。

ポート

そのため、ライトニングケーブルをつなぐためにはポートを変換する必要があります。僕が実際に使用しているのは以下の 2 つです

1 つはシンプルな変換ケーブルです。

このケーブルを T90CHI-3775 のポートにさして iPad mini と連携します。この方法だと T90CHI-3775 に給電できないのでバッテリーを消費しながら作業することになります。

もう 1 つの方法ではハブを使用します。

このハブを使うと T90CHI-3775 に給電しながら、ライトニングケーブルやその他の USB 機器をつなぐこともできます。僕は USB テンキーもつないで左手用デバイスとして使用しています。

この方法で、デュアルディスプレイ + 左手デバイスが使用できるので、本格的なお絵かき環境っぽい気分が味わえます。

 

長所と短所 - タブレットは液タブ代わりに使える?

以上の組み合わせでお絵かきをしていますが、この環境には長所と短所がたくさんあります。

長所

画面に直接絵が描ける

一般に、ペンタブレットには板タブと液タブの 2 種類があります。板タブは PC の画面を見ながら手元のタブレットに絵を描くもので、液タブは画面に直接絵を描くものです。もちろん液タブの方が使いやすいのですが、板タブより何倍も高価です。

Windows10 タブレットとデジタイザを使用すると、タブレットの画面に直接絵が描けるので液タブ気分でお絵かきができます。この点が最大の長所です。

拡大・縮小・回転が直感的

お絵かきソフトを使用する際は、ショートカットキーなどで画像の拡大・縮小・回転をすることが多いと思います。

Windows10 タブレットでは、スマホのように 2 本指で画面を操作して、直感的に拡大・縮小・回転をすることができます。

単独で使える

普通の板タブやペンタブは周辺機器ですので、別途 PC が必要になります。PC と 液タブを購入するにはかなりの予算が必要です。

Windows10 タブレットはそれ自体が PC であり入力機器でもあるので比較的低コストになりますし、コンパクトで持ち運びもできます。もちろん、ネットや Office など、お絵かき以外の用途でも使えます。ブログも書けます。

短所

画面が狭い

TransBook T90-CHI の画面サイズは 8.9 インチ、解像度は 1280×800 なので、お絵かきソフトを使うにはかなり狭いです。そのため常に拡大・縮小を繰り返しながらの作業になります。これは小型タブレットの最大のデメリットですね。

たまにラグが生じる

安価なタブレットなのでスペックが低いです。通常は特に問題なく線を引いたり色を塗ったりすることができますが、たまにラグ (遅延) が発生することがあります。

低スペックではありますが、YouTube で動画を観たりなど一般的な作業は普通にできます。ただしゲームには向いていません。

紙のような描き心地ではない

画面はスマホのようにツルツルしていて、デジタイザのペン先も固いので、絵を描くときにカツカツと音がします。高価なペンタブのような「紙のような描き心地」ではありません。

 

参考までに、僕とほぼ同じ環境でお絵かきをしている方の動画を見つけたので貼っておきます。

 

スポンサーリンク

 

最近気になるタブレット

以上のように、現在のお絵かき環境には短所も多いのですが、Windows10 タブレットで絵を描くこと自体はとても気に入っています。ここで挙げた短所の多くは、大画面でハイスペックなタブレット PC を使えば解決しそうです。

最後に、今気になっている Windows10 タブレットと、格安の液晶タブレットを紹介します。ここからは市販の製品に対する単なる個人的な感想なので参考にしなくても良いです。

Microsoft Surface Pro 4

Surface Pro 4

2015 年に発売された Microsoft Surface Pro 4。スペックも高く画面も広いのでお絵かき環境として非常に使いやすそうです。また、電機屋で何度か触ってみたのですが、ペン先が柔らかくて適度な抵抗があり、描き心地も良さそうです。ただし、お値段は十数万円、お絵かき専用マシンにするには少々高価です。ペンが付属しますがキーボードは別売りです。

僕は普段 Mac をメインマシンにしているのですが、Windows をメインで使用されている方には、普段使いマシン兼お絵かき環境として良さそうです。

ASUS TransBook Mini T102HA

Asus transbook mini t102ha 1

つい先日発売されたばかりの TransBook Mini T102HA。僕が使っている T90CHI は 8.9 インチですが、こちらは 10.1 インチと一回り大きいサイズです (ただし解像度は 1280x800)。T90CHIよりスペックが高く、バッテリー駆動時間はカタログ値で 12.6 時間となっているので、モバイル PC としてもかなり便利そうですよね。

このタブレットは Surface Pro 4 のちっちゃい版と言えるほどそっくりなデザインになっています。Surface Pro 4 よりは低スペックですが、価格が Surface Pro 4 の半額程度とかなり安くて魅力的です。

さらに、キーボードとペンが付属するので、これだけ購入すればすぐにお絵かきが始められます。各メーカーからいろいろな Windows10 タブレットが発売されていますが、T102HA は低価格なお絵かき環境として一番気になる製品です。

参考:ASUS TransBook Mini T102HA

ドスパラ raytrektab DG-D08IWP

Raytrektab1

こちらは最近 Twitter を中心に話題になっている、2017 年 4 月 27 日発売の Windows タブレット PC。これはまさにお絵かき用タブレット PC といえる商品です。

まず、raytrektab には Wacom 製の筆圧感知ペンが標準で付属しているのですが、このペンがとても優秀で、電池が不要な電磁誘導方式、ペン先 (芯) の交換も可能、そして 4096 諧調 (!) の筆圧感知に対応しています。ペン先は標準芯、フェルト芯、エラストマー芯の 3 種類が付属しています。ペン先が交換できないデジタイザを使っている立場としてはうらやましい限りです。

Raytrektab2

さらに、『CLIP STUDIO PAINT DEBUT』のシリアルコードまでバンドルして、定価 49,800 円という低価格です。4096 諧調筆圧感知ペンとお絵かきソフトが付属して 49,800 円、このお手頃感が今話題になっている大きな理由と言えます。もっと早く発売して欲しかった。

画面サイズは 8 インチ、解像度は 1280×800 なので、僕が使用しているタブレット PC よりもわずかに狭くなりますが、その分お安くなっているので、趣味でイラストを描きたいけど液タブは高くて買えないユーザ層を全力で狙ってきていることがわかりますね。

さらに製品仕様によると、映像出力として microHDMI ポートが 1 つ用意されていることがわかります。これすごく重要。これのおかげで タブレットを外部ディスプレイに接続して、大画面で全体像を確認しながら絵を描くことができます。僕のタブレット PC にはこのポートがないので、データを Mac に移動して初めて大画面で確認できる状態になります。これがすごく面倒くさい。映像出力ポートは絶対あった方が良いです。

そしてなぜか加速度センサーや GPS まで搭載していて、何に使うのかはよくわかりませんが、この低価格でよくここまで詰め込んだな、という感想です。

参考:ドスパラ公式通販サイト raytrektab DG-D08IWP

HUION 15.6インチタッチ機能搭載液晶ペンタブレット

GT 156HD

こちらはタブレット PC ではなく液タブです。液タブを買うなら Wacom 製品が無難な選択ではありますが、Wacom 製は 13 インチの液タブでも 10 万円前後と高価なのでちょっと手が出しにくいです。

2016 年に発売されたこの HUION 製の液タブは、15.6 インチでありながら 6 万円台と非常にコストパフォーマンスが良くて魅力的です。YouTube のレビュー動画など (多くは外国人によるレビュー)、購入者のレビューによると、描き心地は Wacom 製品に匹敵する品質という話です。また、画面左側にショートカットキーとタッチホイールが 2 つあり、拡大・縮小用のスライダーまで搭載されているため機能的です。

ショートカットキー

ただし安い商品には欠点もあるもので、液晶の色合いが少しおかしいという意見が散見されます。その点は、別のディスプレイを色の確認用に使用すれば対応できますが、せっかくの液タブなのに液晶が綺麗に発色してくれないのは少々困りものですね。

それでも、画面が広々としていて Wacom 製品と比べ数万円も安価なのでとても人気のある商品です。もし今後液タブを買うとしたら、僕のような素人が Wacom に手を出すよりも、この辺が身の丈に合っているのかもしれません。

 


 

[追記] お絵かきの勉強に利用している参考サイト・動画・本をまとめました。