猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

新Surface Proは最高のお絵かきタブレット?WacomやAppleと比較してみた

新しいSurface Pro
Introducing the new Surface Pro

5 月 23 日、Microsoft がイベントで新しい Surface Pro を発表しました。従来の Surface Pro は応答速度が遅くペンの傾き検知にも対応していなかったため、イラストやお絵かき環境としては Wacom の液タブや Apple の iPad Pro + Apple Pencil にはかなわないと言われていました。しかし、今回発表された新しい Surface Pro はペン周りが大幅に強化されたようです。

Microsoft が本気出した

前機種の Surface Pro 4 からの主な変更点を簡単にまとめると、筆圧レベルが 1,024 段階から 4,096 段階に向上、ペンの傾き検知に対応、応答速度の向上、Surface Dial に対応といったところです。これまでは他社製品と比べて貧弱だったペン周りの機能が大幅グレードアップしていることがわかります。

傾き
Introducing the new Surface Pro

これはついに Microsoft が Wacom や Apple と戦えるお絵かきタブレットを開発したのか!? ということで、今回は他社の製品と Surface Pro を簡単に比較してみました。

他社製品との比較

今回比較したのは、画面サイズが近い以下の 3 製品です。
なるべく公平になるように、周辺機器としての「液タブ」ではなく、OS がインストールされている「タブレット PC」同士を比較しています。

MobileStudio Pro 13 (Wacom)

液タブ界の王者 Wacom によるタブレット PC。サイドに搭載したファンクションキーとタッチホイールがお絵かき特化マシンの象徴。進化した Wacom Pro Pen 2 を搭載。

iPad Pro (Apple)

Apple Pencil の使い心地が素晴らしく「Apple がいきなりとんでもないものを作った」とお絵かき勢の間で話題に。王者 Wacom の顔から笑みが消える。

Surface Pro (Microsoft)

これまで他社に遅れをとっていた Surface Pro シリーズ、MS がついに本気を出してペン周りを大幅に強化。Surface Studio と同時発表で話題になった Surface Dial も使用可能に。

目立つ特徴としては、MobileStudio Pro 13 はファンクションキータッチホイールなどのお絵かきに特化した機能を搭載。Surface Pro は別売りの Surface Dial がお絵かきに役立ちそう、といったところでしょうか。

Surface Dial
Introducing the new Surface Pro

各製品を比較

それでは各製品を比較してみます。
(2017年6月16日更新:iPad Pro のデータを最新モデルのものに変更しました)

  Wacom MobileStudio
Pro 13
iPad Pro Surface Pro
筆圧レベル 8192 非公開 4096
傾き検知
応答速度 25ms 20ms 21ms
画面サイズ 13.3型 12.9型 12.3型
解像度 2,560×1,440 2,732×2,048 2,736×1,824
OS Windows10
Home
iOS 10 Windows10
Pro
CPU 第6世代
Core i5
Apple
A10X
第7世代
Core m3
ストレージ 64GB 64GB 128GB
メモリ 4GB 4GB 4GB
ペン 付属 別売り
(10,800円)
別売り
(11,800円)
価格 168,000円 86,800円 105,800円
重量 1420g 677g 766g
※価格はすべて税別。各製品の一番安いモデルで比較しました。

このような比較になりました。こうして比べてみると、新しい Surface Pro はペン周りが他社製品に負けず劣らずの性能になっており、価格は iPad Pro < Surface Pro < MobileStudio Pro 13 となっています。

また、Surface Pro の重量は 766g と軽く、同じ Windows10 タブレットである Wacom MobileStudio Pro 13 (1420g) の約半分です。持ち歩き用 PC としても秀逸です。

iPad Pro + Apple Pencil の問題点

iPad Pro + Apple Pencil はハードの性能自体は優れているのですが、iOS なので クリスタ (CLIP STUDIO PAINT) のような PC 用のお絵かきソフトが使えないのが気になります。Surface Pro は Windows10 マシンなので、一般的なソフトは当然なんでも使えますね。

Apple pencil
Introducing Apple Pencil

Wacom はやっぱりガチ勢向け?

Wacom MobileStudio Pro 13 は 一番安いモデルでも 181,440 円 (税込) ですが、Surface Pro の一番安いモデルは 114,264 円 (税込) です。Wacom はガチ勢向けということで、ハイスペックで高価なモデルしか用意していないのでしょうか? もちろん、Surface Pro も高性能なモデルほどお高くなってきますが、安価なモデルが用意されていると趣味でお絵かきをしている人にはありがたいです。

Wacom MobileStudio Pro 13
ワコム Wacom MobileStudio Pro

以上のことから、新しい Surface Pro はお絵かき環境として素晴らしいタブレットになっていると感じました。また、処理速度や静音性なども強化されているので、お絵かき以外の用途でもパワーアップしています。

公式動画はこちら。ペンを傾けて線を描いてみせるなど、お絵かきにバリバリ使える様子をしっかりアピールしていて期待の高まる動画です。