読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

1分で覚える英語フレーズ「be followed by 〜」の意味と使い方

be followed by 〜

今回は英語フレーズ「be followed by 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

「その後に〜が続く」

be followed by 〜 は「その後に〜が続く」とか「続いて〜がある」という意味だよ。

今回のフレーズも受け身の形になっていますね。これって「〜に follow されている」ってことですよね。

そう、動詞 follow は 「〜についていく」とか「〜に続く」という意味。follow のイメージを描くと・・・・・・。

こうなる。

B is followed by A

このように A follow B で「A が B に続く」となる。だからこれを受け身にして B is followed by A と言いかえると「B の後に A が続く」となるの。

なんか、ややこしいですね。

例文を見てみよう。

 例文1

Sunday is followed by Monday.

日曜日の後に月曜日がくる。

 例文2

The meal was followed by coffee.

食事のあとにコーヒーが出された。

[例文1] をさっきのイメージに当てはめると、Sunday が B で Monday が A になる。だから「日曜日の後に月曜日が続く」という意味になるよ。

日曜日の後に月曜日がくる。

Sunday is followed by Monday

こないで。

[例文2] も同様に、meal 「食事」の後にコーヒーが続いたという意味になる。

うーん、follow 「〜に続く」を受け身にすると「〜に続かれた」となるから「食事はコーヒーに続かれた」ってことか・・・・・・やっぱりややこしいな。

受け身とか難しく考えずに、この be followed by 〜 というフレーズをそのまま覚えてしまった方が楽かもね。be followed by 〜 を使うときは、「月曜→火曜」とか「食事→コーヒー」のように順番どおりに話しているだけだからね。それをふまえてもう少し例文を見てみよう。

 例文3

He was followed by a detective.

彼は探偵に尾行された。(彼の後に探偵が続いた)

 例文4

This presentation was followed by prolonged applause.

この発表のあとに長い拍手が起こった。

 例文5

The death of the king was followed by a year of anarchy.

王が死去した結果、政治的社会的混乱が 1 年続いた。

このように be followed by 〜 で「その後に〜が続く」という意味になるよ。

たしかに、順番どおりに伝えているだけですね。

発表のあとに長い拍手が起こった。

Followed by applause

どんな発表をしたんだ。

例文引用
[2] 新英和中辞典
[5] ランダムハウス英和大辞典

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。