猫でもわかる 秘密の英語勉強会


オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

英語の前置詞を
イメージで覚える

英会話を短期間で
身につけるには?

前置詞のイメージ「ぐるっと around」

前置詞 around

今回は前置詞 around について勉強しよう。

辞書を引くと「周囲に」って意味ですね。あれ? これって・・・・・・。

何か思い出したみたいだね。では around の基本イメージいってみよう。

around の基本イメージ:ぐるりと囲んでいる

around の基本イメージは「ぐるりと囲んでいる」。世界一周とかの「一周」のイメージだよ。

これって about と同じイメージじゃないですか?

いや、ちょっと似ているけど違うんだよ。

about はぼんやりと周りにあるイメージだったでしょ。一方、around はぐるっと囲んでいる感じが強いの。

あと、about が静的なイメージなのに対して、around は動的なイメージだよ。

around のイメージ。

Around

下の about のイメージと比べてみようか。少し違うのが分かるよね。

About

around はぐるりと囲んでいる感じ、about はぼんやりと周りにある感じかぁ。そう言われると確かにちょっと違いますね。

〜を囲んで

Let's sit around the table.

テーブルを囲んで座ろう。

テーブルの周りをぐるっと囲んで座っている感じでしょ。

テーブルを中心にして輪を作っているんですね。

〜の周りをまわって

The earth goes around the sun.

地球は太陽のまわりを回っている。

引用:ウィズダム英和辞典

He is jogging around the park.

彼は公園の周りを走っている。

太陽や地球の「周囲をぐるっと回る」イメージだよ。

公園の近くをただ走っているのではなく、一周、二周と周回している感じですね。

公園の周りを走っている。

Around the park

あちこちに

We drove around the small town.

その小さな町をあちこちドライブした。

look around the room for John

ジョンはいないかと部屋の中を見回す。

引用:ウィズダム英和辞典

基本イメージから派生して「あちこちに」という意味でも使われるよ。

これは about のときと同じですね。

およそ

I will get up around 7:30.

7時30分頃に起床する。

周囲のイメージから「約、およそ」という意味にもなるよ。

これも about と同じですね。基本イメージが似ているから使われ方も似ているんですね。

その他のフレーズ

他にもこんなフレーズがあるよ。

turn around 「くるりと回る」「振り向く」

go around 「〜の周囲を回る」「歩き回る」「うわさが広まる」

look around 「周囲を見渡す」

get around 「あちこちに移動する」

sit around 「だらだらと過ごす」「ぶらぶらして過ごす」

run around 「走りまわる」

 

関連記事:英語の前置詞をイメージで覚える勉強会