猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

わかりにくい英語の前置詞をイメージで覚えたい人のまとめ

前置詞まとめ

日本語を勉強する外国人が助詞を苦手とするように、英語を勉強する日本人にとって前置詞は非常にわかりにくいものです。たとえば、at the station と in the station では使い方が異なります。特に英会話では、なかなかとっさに正しい前置詞が出てこないものです。

前置詞は言葉で考えるよりも「基本イメージ」をとらえることで意味を理解しやすくなります。本ブログでは前置詞のイメージを 1 つずつイラストで解説したことがありましたが、今回は色々な前置詞のイメージをあらためて簡単にまとめました。

 

 

イラストで見る前置詞のイメージまとめ

at の基本イメージ:狭い場所や点

At

at は狭い場所や点のイメージです。たとえば look at 〜 は視線を 1 点に送るイメージになります。場所を表す場合は地図上の 1 点を表し、時刻を表す場合は時間上の 1 点を表すイメージになります。

 

He arrived at the station.
「彼は駅に到着した」

at 7 o'clock
「7 時に」

He looked at the ball.
「そのボールを見た」

in の基本イメージ:〜の中、内部

In

in はある空間や範囲の中・内部のイメージです。at で場所を表す場合は目的地のような地図上の 1 点のイメージですが、in は建物の内部や広がりのある空間を意識したイメージになります。時間を表す場合は点ではなく限られた範囲を表します。

 

in the box
「箱の中に」

She is in the station.
「彼女は駅の中にいる」

I heard my name called in the shop.
「私は店で自分の名前が呼ばれるのを聞いた」

He was born in Tokyo.
「彼は東京生まれだ」

He was born in 2001.
「彼は2001年生まれだ」

into の基本イメージ:中に入っていく

Into

into はものや空間の中に入っていくイメージです。into は in と to (後述) をあわせた動きのあるイメージになります。また、対象に衝突するイメージや、変化のイメージもあります。

 

She pored tea into a cup.
「彼女はカップにお茶を注いだ」

The car crashed into a tree.
「車が木に衝突した」

He can translate Japanese into English.
「彼は日本語を英語に翻訳できる」

out の基本イメージ:外

Out

out はある範囲の外にいる状態や外に出るイメージです。ただし out は副詞です。中から外へという運動は out of で表します。

 

She ran out of the room.
「彼女は部屋から走り出た」

She is out now.
「彼女は今外出中です」

on の基本イメージ:接触

On

on は接触のイメージです。「机の上」のように「上」を表すと思われがちですが、部屋の壁にポスターが貼ってある場合や天井にハエが止まっている場合も、同じ接触のイメージになります。時間を表す場合は、曜日や日付など特定の日を表します。

 

on the desk
「机の上に」

There is a calendar on the wall.
「壁にカレンダーがかかっている」

on the ceiling
「天井に」

on Monday
「月曜日に」

off の基本イメージ:分離

Off

off は分離、つまり接触した状態から離れるイメージです。スイッチのオンとオフは、電極がくっついたり離れたりするイメージになります。また、勤務から離れたイメージで仕事が休みという意味にもなります。

 

 

I got off the bus.
「私はバスから降りた」

He switched off his smartphone.
「彼はスマホの電源を切った」

I'm off work today.
「今日は休みです」

to の基本イメージ:方向、到達点

To

to は方向や到達点を指し示すイメージです。方向だけでなく到達点も含むイメージになります。

 

He went from Osaka to Tokyo.
「彼は大阪から東京へ行った」

I went to the library yesterday.
「私は昨日図書館へ行った」

for の基本イメージ:〜に向かって

For

for は対象に向かうイメージです。to は到達点も含みますが、for は到達点を含まず何かへ向かうイメージになります。また、何かを求めるイメージにもなります。時間を表す場合は 5 年間のような期間を表します。

また、目的や目標に対して前向きな気持ちになることから、賛成の意味にもなります。

 

for Osaka
「大阪に向かって」

for fun
「楽しむために」

for 5 years
「5 年間」

I'm for this plan.
「この計画に賛成だ」

against の基本イメージ:対立

Against

against は何かに反対したり対立したりするイメージです。何かによりかかったりもたれたりする意味にもなります。また、for が賛成を表すのに対して、against は反対を表します。

 

He became a comedian against his parents' wishes.
「彼は両親の希望に背いてコメディアンになった」

She is leaning against the wall.
「彼女は壁にもたれかかっている」

Are you for or against our plan?
私たちの計画に賛成ですか、反対ですか?

about の基本イメージ:周囲

About

about は周囲のイメージです。何かの周辺を漠然と表すイメージになります。たとえば、about 7 o'clock というとちょうど 7 時ではなく 7 時の周辺、つまり約 7 時 という意味になります。

 

about 30 years old
「約 30 歳」

They are talking about the cat.
「彼らはその猫について話している」

around の基本イメージ:ぐるりと囲んでいる

Around

around は対象をぐるりと囲むイメージです。about は対象の周囲を漠然と表すイメージですが、around はぐるりと 1 周囲むイメージになります。

 

around the park
「公園一周」

The earth goes around the sun.
「地球は太陽の周りを回る」

We sat around the campfire.
「私たちはキャンプファイヤーの周りに座った」

above の基本イメージ:上のほう

Above

above は上の方のイメージです。ある基準よりも高い位置に何かがあるイメージになります。

 

above the clouds
「雲より上」

above average
「平均より上」

Raise your hands above your head.
「両手を頭の上にあげろ」

below の基本イメージ:下のほう

Below

below は下の方のイメージです。ある基準よりも低い位置に何かがあるイメージになります。

 

below the horizon
「地平線の下に」

below average
「平均より下」

with の基本イメージ:一緒にいる

With

with は一緒にいるとか伴うイメージです。また、何かを所有している意味や、道具や手段を表す意味にもなります。

 

with us
「私たちと一緒に」

a girl with short hair
「短い髪の女の子」

We eat with chopsticks.
「私たちは箸で食事をします」

from の基本イメージ:ある所から離れる

From

from はある場所を起点としてそこから離れるイメージです。原因や出身、原料を表す意味でも使われます。

 

from Tokyo to Osaka
「東京から大阪へ」

from 9:00 a.m to 5:00 p.m.
「午前 9 時から午後 5 時まで」

It looks beautiful from a distance.
「それは遠くからは綺麗に見える」

Accidents often result from carelessness.
「事故はしばしば不注意から生じる」

He is from Osaka.
「彼は大阪出身」

Cheese is made from milk.
「チーズは牛乳から作られる」

over の基本イメージ:上方を覆う

Over

over は対象の上を覆っているイメージや弧を描いて越えるイメージです。また、程度や数量を超える意味にもなります。

 

over the fence
「フェンスを越えて」

There is a bridge over the river.
「川に橋がかかっている」

We talked for over 3 hours.
「私たちは軽く3時間は話した」

under の基本イメージ:何かの下

Under

under は何かの下にあるイメージです。また、管理や影響の下という意味にもなります。

 

under the blanket
「毛布の下」

go under a bridge
「橋をくぐる」

She works under him.
「彼女は彼の部下だ」

up の基本イメージ:上に

Up

up はある基準から上に移動するイメージや、上の方にあるイメージも表します。また、出現や浮上を表す意味にもなります。

 

We went up the river on a boat.
「私たちはボートで川を上った」

look up
「見上げる」

He showed up at the party.
「彼がパーティーに登場した」

down の基本イメージ:下に

Down

down はある基準から下に移動するイメージや、下のほうにあるイメージも表します。

 

He climbed down the tree.
「彼は木からおりた」

Don't let me down.
「がっかりさせないでくれ」

along の基本イメージ:長いものに沿って

Along

along は長いものに沿うイメージです。川や道に沿って歩いたり、道沿いに店があるという使い方をします。また、ずっと寄りそっていくイメージから、仲良くやっていくという意味にもなります。

 

along the river
「川沿いに」

There is a convenience store along this street.
「この通り沿いにコンビニがある」

Do you get along with his parents?
「彼の両親とはうまくいっていますか?」

across の基本イメージ:〜を横切って

Across

across は横切るイメージです。川や道路を横切って向こう側に渡るようなイメージになります。また、道路などの向こう側を表す意味にもなります。

 

across the street
「道を横切って」

There is a bookstore just across the street.
「道路の向こう側に本屋がある」

beyond の基本イメージ:範囲を越えて

Beyond

beyond はある基準点や範囲、境界線を越えた向こう側のイメージです。

 

beyond the mountains
「山の向こう側」

Keep this medicine beyond the reach of children.
「この薬は子供たちの手の届かないところに置いてください」

He lived beyond their income.
「彼は収入以上の生活をしていた」

by の基本イメージ:近接

By

by は近接する、近くにあるイメージです。また、期限を表す「〜まで」という意味や、手段や方法を表す意味にもなります。

 

He lived by the ocean.
「彼は海の近くに住んでいた」

I'll be back by Saturday.
「土曜日までに戻ります」

She goes to work by train.
「彼女は電車で通勤している」

behind の基本イメージ:後ろに

Behind

behind は何かの後ろに隠れているイメージです。in front of 「前に」の反対のイメージになります。また、時間などに遅れるという意味や、何かを支援するという意味にもなります。

 

behind the refrigerator
「冷蔵庫の後ろ」

The flight is twenty minutes behind schedule.
「その便は定刻より20分遅れている」

I'll be right behind you.
「私がついているよ」

between の基本イメージ:何かの間

Between

between は何か 2 つのものや人の間にあるイメージです。また 2 つの数の間を表すこともできます。

 

beetween the desk and the chair
「机と椅子の間」

between 8:00 and 12:00
「8 時から 12 時の間」

between you and me
「ここだけの話」

among の基本イメージ:多数の間

Among

among は複数のものに囲まれているイメージです。between は 2 つのものの間でしたが、among は 3 つ以上のものに込まれたイメージになります。

 

There is a school among the tall buildings.
「高層ビルに囲まれた学校がある」

This game is popular among the students.
「このゲームは学生の間で人気がある」

through の基本イメージ:〜を通り抜ける

Through

through は何かを通り抜けるイメージです。トンネルのようなものを始めから終わりまで通り抜けるイメージになります。また、期間を表す意味にもなります。

 

I walked through the mall.
「私はショッピングモールを歩いた」

from January 1st through April 30th.
「1月1日から4月30日まで」

during の基本イメージ:期間中に

During

during は特定の期間中を表すイメージです。たとえば「夏休み中」とか「日中」のような特定の期間を表します。「長い間」や「3 ヶ月間」などは特定の期間ではないので during は使わず for a long time や for three month と言います。

 

during the wintertime
「冬期の間」

Keep your cell phones turned off during the meeting.
「会議中は電源を切ったままにしてください」

of の基本イメージ:つながり

Of

of はつながりのイメージです。所属や所有、属性や関連性を表すイメージになります。また、所属しているところから分離するイメージもあり、そこから出所、材料、原因を表す意味にもなります。

 

a man of Japan
「日本出身の男性」

The screen of this computer is broken.
「このコンピュータの画面は壊れている」

free of charge
「無料」

This chair is made of wood.
「この椅子は木で作られている」

おわりに

今回は英語の勉強でつまずきやすい色々な前置詞のイメージを簡単にまとめました。前置詞はこれですべてではないので、暇をみて追記していきます。各前置詞の詳細な説明は、「イメージで覚える前置詞」シリーズの各記事や参考文献をご参照ください。

 参考文献

前置詞の解説は以下の文献を参考にしました (順不同)。文献によって解釈が異なる場合は多数派を優先しています。ご了承ください。

  • 表現のための実践ロイヤル英文法
  • 一億人の英文法
  • 英語のパワー基本語[前置詞・句動詞編]
  • 「なぜ」がわかる動詞+前置詞
  • 4コマ漫画でわかる! 前置詞
  • 前置詞の意味と使い分けがわかるマスターブック
  • 語感で覚える重要英単語
  • 改訂合本 ネイティブの感覚で前置詞が使える
  • 英語の冠詞・前置詞 完全マスターブック

「イメージで覚える前置詞」シリーズ

イメージで覚える前置詞

※ブログ開始当初のシリーズなので、画力や各キャラクターの設定が
現在より不安定です。ご了承ください。