猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

リップルベース送金アプリ「Money Tap」で銀行送金がより便利に

リップルベース送金アプリ爆誕

どうもワイです。

日本の大手銀行で利用可能な送金アプリ「Money Tap」が今年中に公開されます。このアプリにはリップルのブロックチェーン技術が使用され、安くて早い銀行送金が 24 時間 365 日利用可能になるようです。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
RIPPLE-POWERED MOBILE APP TO PROVIDE ON-DEMAND PAYMENTS IN JAPAN

安くて早い送金がアプリで可能に

According to an announcement on Ripple’s official website, this is the first time in Japan a mobile transaction settlement app has been developed which will be utilized by multiple banks throughout the country. SBI Net Sumishin Bank, Suruga Bank, and Resona Bank start using the app in Fall 2018, after which various other banks will see a staggered release.

リップル公式ウェブサイトの発表によると、日本各地の銀行で利用可能なモバイル送金アプリが開発されるのは、今回が日本初となります。同アプリは 2018 年秋から住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行で利用可能となり、続いてさまざまな銀行での利用が始まる見込みです。

The Japan Consortium itself is comprised of 61 banks, which accounts for more than 80% of all banking assets in the country. It is also led by SBI Ripple Asia. Thus, MoneyTap effectively puts instantaneous banking in the hands of the vast majority of Japan’s population — who are primarily limited to business day transactions between the working hours of 8:30 am and 3:30 pm.

内外為替一元化コンソーシアムは 61 行の銀行が参加しており、これは日本の全銀行資産の 80% 以上を占めています。また、同コンソーシアムは SBI Ripple Asia が事務局を務めています。従って、Money Tap によって即時銀行取引が多くの日本人の手に委ねられることになります。これまでの銀行取引は営業日の 8:30〜15:30 に限られていました。

To use MoneyTap for instant domestic payments, customers need only a bank account, phone number, or QR code. Additionally, fees will be significantly reduced from the traditional banking and ATM fees, since the blockchain-powered transactions will be both faster and cheaper.

顧客が即時国内送金に Money Tap を使うには、銀行口座、電話番号、あるいは QR コードのみが必要になります。さらに、ブロックチェーンによる取引が高速かつ格安で行われるため、手数料は従来の銀行取引や ATM と比べて大幅に安くなります。


今回はリップルと内外為替一元化コンソーシアム関連の記事でした。

相変わらずリップルの記事が続いています。銀行間送金にリップルが使われるというニュースは我々の生活に直接的な変化を感じにくいですが、銀行用アプリが公開されれば仮想通貨の恩恵を実感しやすくなるのではないでしょうか。

_