猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

1分で覚える「be familiar with 〜」の意味と使い方

be familiar with 〜

今回は英語フレーズ「be familiar with 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

familiar ・・・・・・聞き慣れない単語ですね。family なら知っているんですが。

「〜をよく知っている」

familiar は「よく知っている」とか「見慣れている」「聞き慣れている」という形容詞。たとえば名詞の直前に置いて、a familiar face で「見慣れた顔」、a familiar voice で「聞き慣れた声」などの意味になる。

そして、be familiar with 〜 とすると「〜をよく知っている」「~に慣れ親しんでいる」という意味になるよ。

ちなみにこのフレーズは、主語には人、with の後には物やことを置く。例文を見てみよう。

 例文1

I'm familiar with her work.

私は彼女の仕事をよく知っている。

 例文2

He's familiar with the subject.

彼はよくその問題に通じている。

 例文3

You have to get familiar with English.

君は英語に慣れなくてはいけない。

このように be familiar with 〜 で、人が「〜をよく知っている」とか「~に慣れ親しんでいる」という意味になる。

上の例文は人が主語になるケースだけど、逆に物やことを主語にする場合は、be familiar to 〜 となる。直訳すると「〜によく知られている」だね。

 例文4

I'm familiar with her work.

私は彼女の仕事をよく知っている。

     ↓

Her work is familiar to me.

 

 例文5

He's familiar with the subject.

彼はよくその問題に通じている。

     ↓

The subject is familiar to him.

 例文6

This song is familiar to me.

私はこの歌をよく知っている。

 例文7

That book is familiar to all young children.

その本は小さな子供たちがみんな知っている。

このように主語が物・ことだと使い方が変わるので注意。

これは紛らわしいですね。

その本は小さな子供たちがみんな知っている。

That book is familiar to all young children

なんでちびっ子にまざってはしゃいでるんだ。

例文引用
[2] 新英和中辞典
[7] Tanaka Corpus

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。