猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

スタバがリップル(XRP)を採用する可能性はあるか?

スタバが採用する通貨は

どうもワイです。

リップラーのみんな息してる?

世界中の銀行や金融機関がリップル社と提携していますが、金融機関だけでなく有名コーヒーチェーンのスターバックスもリップル (XRP) を導入する可能性があると主張する人たちがいます。その理由は何でしょうか。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Why Starbucks Could Start Accepting Ripple for Payments in 2018

採用するならXRP?

There are a number of companies that are rumored to possibly be adopting Ripple for payments. Here is a look at some of the key reasons why Starbucks could be one company that starts accepting Ripple for payments in 2018.

多数の企業が決済にリップルを採用するのではないかと噂されています。ここでは、スターバックスが 2018 年にリップル決済を開始する企業の 1 社になり得る主な理由をいくつか見ていきます。

Starbucks is a prime candidate for adopting Ripple as a payment method in the near future. There are several reasons for this. First, Starbucks already receives roughly 1/3 of its orders from its mobile app. The fact that Starbucks customers are already very used to paying electronically could make the Ripple adoption very easy for Starbucks.

スターバックスは、近い将来に支払い方法としてリップルを採用するであろう有力な候補です。これにはいくつかの理由があります。まず、スターバックスはすでに注文の約 1/3 をモバイルアプリで受けています。顧客がすでに電子決済に十分慣れているという事実により、スターバックスは非常に簡単にリップルを採用することができるでしょう。

Another reason why we could soon see Starbucks adding Ripple for payments is because Starbucks Chairman, Howard Schulz has made some very encouraging comments on the issue. For example, he said, “I believe that we are heading into a new age, in which blockchain technology is going to provide a significant level of a digital currency that is going to have a consumer application.”

スターバックスが近いうちにリップルを決済方法に追加すると思われるもう 1 つの理由は、スターバックスのハワード・シュルツ会長がこの問題について非常に前向きなコメントをしたからです。たとえば、「我々は新しい時代に突入していると私は信じています。この時代では、ブロックチェーン技術は 顧客アプリを伴うデジタル通貨の重要なレベルを提供することになるでしょう」と話しています。

He also said that Starbucks will not be incorporating Bitcoin, but that if Starbucks could integrate some other cryptocurrencies, then it could “significantly create long-term shareholder value. Schulz’s positive attitude toward cryptocurrencies is highly suggestive that Starbucks could soon start accepting cryptocurrencies. If Starbucks does start integrating cryptocurrencies, and if Bitcoin is ruled out, then Ripple is one of the next best cryptocurrency options.

またシュルツ氏は、「スターバックスはビットコインを採用することはないが、他の仮想通貨を導入することができれば、それは長期的な株主価値を生むことになるだろう」と話しました。シュルツ氏の仮想通貨に対する前向きな姿勢は、スターバックスが近いうちに仮想通貨を受け入れる可能性を大いに示しています。もしスターバックスが本当に仮想通貨の導入を開始したら、そしてもしビットコインが除外された場合には、リップルが次に最も有力な候補になるでしょう。

Other top ten cryptocurrencies such as Litecoin, Stellar, and Ethereum could also be candidates. However, Ripple’s extremely low cost transactions and the fact that it can process thousands of transactions per second make it very compelling for a high volume retailer like Starbucks.

ライトコイン、ステラ、イーサリアムなどの他のトップ 10 仮想通貨も候補になり得ます。しかし、リップルの極めて低コストなトランザクションと 1 秒で数千トランザクションが処理できるという事実は、スターバックスのような非常に消費の多い小売店にとっては極めて魅力的に写ります。


今回はリップルとスタバに関する記事でした。

以前にもスタバの記事を読みましたが、会長のシュルツ氏は仮想通貨に対して非常に前向きな姿勢を示しています。店頭での決済はスピードが重要なので、もしかしたら本当にリップル (XRP) が採用されるかも・・・・・・と期待してしまいます。

現在利用している取引所 (仮想通貨を売買するサイト)
  • Zaif 手数料が安い
  • bitFlyer セキュリティの評価が高い
  • coincheck 現在利用できません。