猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

映画『ふしぎの国のアリス』で英語が勉強できるって素敵やん?

先月発売された『ふしぎの国のアリス』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブックを購入しました。

ディズニー映画はこども向けアニメなので簡単な単語やフレーズが多く、英語学習者の間でもよく利用されています。本書は映画『ふしぎの国のアリス』を観ながら勉強することを目的とした英語学習書です。

一般的に「英語の映画」のセリフを分析してみると、8 割くらいは中学英語です。中学で学ぶ必修語彙と基本語彙で約 1500 語の範囲なので、使われている単語は知っているものが大半です。『ふしぎの国のアリス』では 9 割以上です。
『ふしぎの国のアリス』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック

僕は初めて『ふしぎの国のアリス』を観たのですが、「日常会話で使える英語フレーズばかり」だと感じました。なぜこの作品が選ばれたのか納得です。また、声優の発音も綺麗なのでリスニング練習にもピッタリです。

セリフを真似しながら繰り返し鑑賞することで、リスニング力とスピーキング力がかなりアップすること間違いないでしょう。

 

 

付録 DVD に映画を丸ごと 1 本収録

本書の付録 DVD には英語『ふしぎの国のアリス』がまるごと収録されています。

もちろんセリフは英語で、字幕は英語と日本語の 2 種類が用意されています。そのため、まずは普通に映画 DVD として楽しむことができます。

最初は日本語字幕付きで鑑賞して、映画を楽しみながらストーリーを把握しておくと今後の学習がしやすくなるでしょう。

ALICE DVD
『ふしぎの国のアリス』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック

日常会話で使えるフレーズを山ほど収録

映画 DVD が付いてくるだけではありません。本書には映画のセリフと日本語訳がすべて掲載されており、単語の意味や発音のポイントなども解説されています。

ALICE発音
『ふしぎの国のアリス』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック

また、映画で使われている基本的な英語フレーズが 3 章でまとめて解説されています。日常会話で使いやすいフレーズが非常に多く、映画を観ながら繰り返し学習することでスピーキング力のアップに役立ちます。

ALICEフレーズ
『ふしぎの国のアリス』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック

ディズニー映画全般に言えることですが、『ふしぎの国のアリス』は子ども向けのアニメ映画なのでほとんどのセリフが基本的な英語で話されており、特別に難しい言葉や汚い言葉はありません。

たとえばこんなフレーズ

 Why don't you 〜

Why don't you try the bottle on the table?

テーブルの上のビンを見てみたら?

ドアの取っ手がアリスに言ったセリフ。
Why don't you 〜? は「〜したらどう?」と提案するときの定番フレーズです。try は「見る」という意味で使われています。

 I'm sure 〜

I'm sure he came this way.

こっちに来たはずだけど。

白いウサギを追いかけてきたアリスのセリフ。
I'm sure 〜 は「〜を確かと思う」というフレーズです。

 If I were 〜

If I were a rabbit, where would I keep my gloves?

私がウサギだったら、どこに手袋を置くかしら?

アリスがウサギの手袋を探しているときのセリフ。
If I were 〜 は仮定法で「私が〜だったら」という意味。学校で習う If I were a bird 〜 「私が鳥だったら〜」と同じですね。

 I wonder who 〜

I wonder who lives here...

誰が住んでるのかしら・・・・・・

アリスが家を見つけたときのセリフ。
I wonder who 〜 は「誰が〜かしら」というフレーズです。この映画では I wonder if 〜 や I wonder what 〜 など、I wonder で始まるフレーズが何度も登場します。

音変化のルールも解説

日本人にとって英語の発音が聞き取りにくいのは、発音に強弱がつけられていたり、音と音がつながっていたりするためです。

本書ではこのような英語発音の特徴を「音変化の 7 つのルール」として解説しています。

たとえば、第 1 ルール「音が弱くなる」を一部抜粋すると次の通りです。

 第 1 ルール「音が弱くなる」
  • tell him → tell'im (テリム)
  • ask her → ask'er (アスカー)
  • what he → what'e (ワッティ)

このように、日本人が期待している音とはちょっと違う音が聞こえてきます。

これら 7 つのルールを覚えてセリフを聞き取る練習をすることで英語リスニング力がアップするのです。このようなポイントを理屈として知っておくだけでも英語の聞き取りやすさがだいぶ変わるでしょう。

1 日 1 チャプター、最終的には字幕無しで

DVD の再生時間は約 1 時間 13 分です。

普通に映画を観るだけならそれほど長くはないですが、学習しながらだとかなり時間がかかると思います。そのため最初から一気にすべてを学習しようとするのではなく、1 チャプターずつゆっくり進めていくと良いでしょう (1 チャプターは 3 分前後)。

全 20 チャプターなので最後まで学習するのは結構大変かもしれませんが、学習したセリフは映画を繰り返し鑑賞するごとにどんどん聞き取りやすくなってきます。日本語字幕無しで理解できるようになると単純に気分が良いし、セリフで使われている基本フレーズを覚えると英会話でも役立ちます。

映画好きな人には楽しみながら勉強できる 1 冊なのではないでしょうか。

『ふしぎの国のアリス』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック