読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

独学で「英語が読める人」に!珠玉のおすすめリーディング本16冊

独学で「英語が読める人」に。珠玉のおすすめリーディング本16冊

「英語で書いてあるからわからない」とつぶやいた経験はないだろうか。 日本で生活する日本人にとって、英語を話す機会が少なくても英語を読む機会は多いだろう。映画やニュースはもちろん、ネットやゲームで遊ぶときでさえ、いたるところで英語が目にはいる。

また、TOEIC や英検の試験対策としても英語リーディング力が必要だ。受験者は、より速く正確に英文を読みとる力が求められている。

僕はずっと英語が苦手だったが、独学で英文記事や洋書を楽しむことができるようになり、TOEIC は 300 点台から 950 点まで伸びた。独学でもリーディング力が伸びることは間違いない

英会話においても相手の言葉を聞いて理解する力が伸びた。英語を読む力を伸ばせば聞く力も伸びてくる。ゆっくり読んでも理解できない英文を耳で理解できるはずがないからだ。

もちろん英語の勉強はリーディングだけではない。基本的には以下の 4 スキルを伸ばすことが目標になる。

  • リーディング (読む)
  • リスニング  (聞く)
  • スピーキング (話す)
  • ライティング (書く)

このように英語学習にはやるべきことが多いが、今回はリーディングに焦点を当てて、おすすめの本と勉強法、さらに無料で利用できる Web サイトを紹介したい。

続きを読む

英語で「〜について考える」をあらわす think about と think of の違い

英語で「〜について考える」を意味する表現に think about と think of があって、どちらもよく似ているから入れ替えて使うこともできるけど、これらの使い方には微妙に違いがあるんだよ。

think は「考える」ですよね。考え方に違いなんてあるんですか?

そう、前置詞 about と of の違いが関係しているんだけど、今回は think about と think of の違いを見ていこう。

続きを読む

独学お絵かき勢の参考サイト・動画・本まとめ

僕は本ブログで英語の解説にイラストを添えたかったため、独学でお絵かきに挑戦しています。絵の描き方については中学・高校時代の美術の授業で人並みに習った程度なので、平均以上の知識や技術はまったく持ち合わせていません。そのため、自分で絵の練習をするにあたって色々なサイト・動画・本などを参考にしています。

今回は、僕が参考にしているそれらの情報源をメモ感覚で簡単にまとめて紹介します。

続きを読む

わかりにくい英語の前置詞をイメージで覚えたい人のまとめ

前置詞まとめ

日本語を勉強する外国人が助詞を苦手とするように、英語を勉強する日本人にとって前置詞は非常にわかりにくいものです。たとえば、at the station と in the station では使い方が異なります。特に英会話では、なかなかとっさに正しい前置詞が出てこないものです。

前置詞は言葉で考えるよりも「基本イメージ」をとらえることで意味を理解しやすくなります。本ブログでは前置詞のイメージを 1 つずつイラストで解説したことがありましたが、今回は色々な前置詞のイメージをあらためて簡単にまとめました。

続きを読む

TOEICで10万円貰えるらしいので短期間でスコアアップする勉強法を簡単に紹介する

株式会社アルクが面白いキャンペーンを実施している。過去 1 年間に TOEIC を受験した人限定ではあるが、今年 9 月 〜 12 月の試験でスコアアップした人に 10,000 円 〜 100,000 円分の Amazon ギフト券をプレゼントするというものだ。どうせ「抽選で○名様!」とでも書いてあるだろうと高をくくっていたが、そんな記述はどこにも見あたらなかった。応募方法などの詳細は公式サイトで確認して頂きたい。

伸長スコアと額面は次の通り。100 点アップで 10,000 円、195 点アップで 100,000 円分の Amazon ギフト券がゲットできる。

伸長スコア 額面
プラス100~110点 10,000円
プラス115~120点 20,000円
プラス125~130点 30,000円
プラス135~140点 40,000円
プラス145~150点 50,000円
プラス155~160点 60,000円
プラス165~170点 70,000円
プラス175~180点 80,000円
プラス185~190点 90,000円
プラス195点以上 100,000円
<例>
2016年12月に受験したTOEIC®テストのスコアが、650点

2017年5月に対象講座「TOEIC® L&R TEST 完全攻略800点コース」をお申し込み

2017年11月のTOEIC®公開テストを受験して、825点を取得

650点から175点アップしたので、Amazonギフト券(Eメールでお届け)80,000円分をゲット!
TOEIC®テスト スコアUP ごほうびキャンペーン

注目すべきは「何点取ったか」ではなく「何点伸びたか」が対象になっていること。なぜなら TOEIC は高得点の人より低得点の人の方が断然スコアアップしやすいからだ。800 点の人が 900 点を超えるには相当の努力が必要になるが、300 〜 500 点の人が 100 点アップするのは意外と簡単だ。ちょっとしたテクニックだけでも数十点は伸びる。

僕が独学で英語の勉強を開始した当初の TOEIC スコアは 380 点だったが、1 〜 2 カ月の勉強で 490 点になり、その後 720 点まで順調に伸びた。さらにその 2 カ月後の試験で 815 点を取ったが、そこから 900 点を越えるまではかなりの時間を要した。

つまり、低得点帯では勉強した分だけ面白いようにグングン伸びるので、昨年の TOEIC で結果が振るわなかった人には美味しいキャンペーンになるだろう。もっと早く実施してほしかったというのが正直な感想だ。

先日の記事で、英語学習は寄り道を楽しもうと書いたばかりだが、舌の根も乾かぬうちに今回は「短期間で TOEIC をスコアアップする勉強法」を紹介したい。本キャンペーンはアルクの教材を使用することが条件になっているのでなるべく勉強法の説明を中心にする。アルク以外の教材も少しだけ紹介するが、あまり参考にしなくても構わない。

英語学習は長く大変なものだが、TOEIC に限れば大事なのは要領である。

関連記事

続きを読む