猫でもわかる 秘密の英語勉強会

1分で覚える「be responsible for 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「be responsible for 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

「〜に責任がある」

be responsible for 〜 は「〜に責任がある」という意味。for の後には名詞や代名詞が続いて、たとえば「彼はその事故に責任がある」というふうに使う。

「責任者」の責任ですか。

そう、何かの責任を負うということだね。例文を見てみよう。

 例文
[1]

He is responsible for the accident.

彼はその事故に責任がある。

[2]

Who is responsible for the statement?

誰がそう言ったか。

[3]

You are responsible for what you do.

君は自分の行動に責任がある。

このように be responsible for 〜は「〜に責任がある」という意味になる。

for の後には名詞が続くんですよね? [例文3] は問題ないんですか?

この例文の what は関係代名詞だから、what you do は「あなたがすること」という名詞節になる。だからこれも名詞と同じ扱いだよ。

「〜の原因である」「〜の要因である」

be responsible for 〜 は「〜の原因である」「〜の要因である」という意味もあるよ。

 例文
[4]

What is responsible for the fight?

けんかの原因は何だ。

[5]

His incompetence is responsible for his failure.

無能が失敗の原因。

無能が失敗の原因。

His incompetence is responsible for his failure

おい。

例文引用
[2][5] 斎藤和英大辞典
[3] Tanaka Corpus
[4] Eゲイト英和辞典