猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

ビットコインの下落に反してGoogleでの検索数が急増、その理由は?

Bitcoin検索数急増

ビットコインが下落しているにもかかわらず、Google では「Bitcoin」の検索数がここ数日で急増しています。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Bitcoin Searches Spike On Google Trends

「Bitcoin」の検索数急増

Analysing the latest Google Trends data, we can see a clear peak in recent Bitcoin searches in the last 5 days, comparable to relatively normal ‘Blockchain’ and ‘Cryptocurrency’ search levels over a 90 day range.
最近の Google トレンドのデータを分析すると、この 5 日間で「Bitcoin」の検索数が明らかに急増していることがわかります。それに対して、「Blockchain (ブロックチェーン)」と 「Cryptocurrency (暗号通貨)」は 90 日間の範囲で比較的通常レベルです。
Google1
過去5日間で「Bitcoin」の検索数が急増、「Blockchain」と「Cryptocurrency」は変わらず
Looking at a breakdown of the top 5 geographical locations where people have been searching for Bitcoin the most, we can see that South Africa comes out on top with a value of 82. This could potentially be due to SA citizens researching into Bitcoin following the recent expansion of Zimbabwe crypto exchange, Golix, across Uganda, South Africa and Kenya, in a bid to avoid the crypto ban in its home nation.
Bitcoin を最も検索している地域のトップ 5 を詳しく見ると、南アフリカが最高の 82 であることがわかります。これは、最近ジンバブエの仮想通貨取引所「Golix」が、自国の仮想通貨禁止を避けるため、ウガンダ、南アフリカ、ケニアに拡大したことにより、南アフリカの国民が Bitcoin について調べていることが原因である可能性があります。
Google2
検索数上位の地域
Interestingly Nigeria and Ghana, two countries also on the African continent, have been listed as having the 2nd and 3rd highest search hits for Bitcoin, respectively; way ahead of the more customary pro-crypto countries such as Singapore which is 6th, US which is in 13th place and Hong Kong which is way down in 22nd place.
興味深いことに、アフリカ大陸に位置するナイジェリアとガーナは、Bitcoin の検索数がそれぞれ 2 番目と 3 番目に多くなっています。これは、仮想通貨になじみのある他の国よりずっと多く、たとえばシンガポールは 6 位、米国は 13 位、香港は 22 位となっています。

今回はビットコインの検索数に関する記事でした。

南アフリカでビットコインの関心が高まっています。市場に新たなプレーヤが参入する可能性はあるのでしょうか?

_