猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

仮想通貨取引所Bithumbの家宅捜索の結果、政府機関「やっぱ何もなかったわ」

家宅捜索してみた結果

韓国政府機関による Bithumb (ビッサム) 家宅捜索の結果、違法行為や脱税の証拠は何も見つかりませんでした。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
South Korean Crypto Exchange Bithumb Cleared by Government

Bithumbを家宅捜索してみた

After a three-month long investigation, the South Korean government finds no evidence of wrongdoing at the Bithumb crypto exchange, local media report June 8.
韓国政府による 3 カ月もの長い調査の結果、仮想通貨取引所 Bithumb が不正行為を行った証拠は見つかりませんでした。地元メディアが 6 月 8 日に報道しました。
According to reports, the investigation into the exchange began on January 10 and was conducted by multiple government agencies, including the National Tax Service (NTS), Financial Services Commission (FSC) and Korea Financial Intelligence Unit (KFIU).
報道によると、同取引所の調査は 1 月 10 日に始まり、国税庁 (NTS)、金融委員会 (FSC)、韓国金融情報分析院 (KFIU) を含む複数の政府機関により実施されました。
The government, which described the investigation as intense and extensive, mounted a search and seizure operation on the exchange’s headquarters, taking computer files, devices and information required in order to run a full audit of the exchange’s dealings.
徹底的かつ広範囲に調査を行うとした政府は、同取引所本社の調査を行い、全面監査を行うためコンピュータファイル、デバイス、情報を押収しました。
While the government found no evidence of illegal activities, tax evasion or suspicious business practices, Bithumb was ordered to pay 30 billion won (approximately $28 mln) in taxes.
政府は違法行為や脱税、不審な業務の証拠を何も見つけられませんでしたが、Bithumb に 300 億ウォン (約 2800 万ドル) の納税を命令しました。

今回は Bithumb の家宅捜索に関する記事でした。

Bithumb の家宅捜索と言えば、先月の暴落のきっかけになったニュースとして記憶に新しいと思います。「結局何もなかったんかい」という感じですが、疑いが晴れたことでこれまで離れていた人たちが市場に戻ってくるかもしれません。

_