猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

仮想通貨市場がまたまた下落、中国の規制強化を懸念か

中国の規制強化を懸念か

仮想通貨市場が全体的に下落しています。専門家によると、中国の規制強化が主な原因と考えられるようです。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Bitcoin Price Struggles After Blockchain Week, Possible New Regulatory Pressure

中国の規制強化

Bitcoin (BTC) is struggling for gains above $8,500 following concerns over increased regulation according to Naeem Aslam, chief market analyst at Think Markets:
Think Markets のチーフ・マーケット・アナリスト、ナエーム・アスラム氏によると、規制強化に対する懸念によりビットコイン (BTC) が 8,500 ドル (約 93 万円) を越えられない状況が続いているようです。
“The recent selloff has come from the news out of China that the ICO [initial coin offering] market is still very active and there are fears that China will further increase the strict regulation.”
「最近の売りは、ICO (イニシャル・コイン・オファリング) 市場がいまだ非常に活発であるという中国のニュースから来ており、中国が今後さらに規制を強化するという懸念が原因となっている」
In a report issued by China’s Ministry of Industry and Information Technology, the government reiterated its position against “certain risks that cannot be ignored” in regards to ICOs, pyramid schemes, and fraudulent behavior. The report compares the current climate to the early days of the internet, advising the public against “excessive speculation” and “false propaganda.”
中華人民共和国工業情報化部が公開した報告書によると、ICO、ネズミ講、詐欺行為に関する「無視できない特定のリスク」を政府が改めて表明しています。報告書では現在の状況をインターネット初期と比較して、「過当投機」や「虚偽の宣伝」に注意するよう呼びかけています。

今回は中国の規制強化に関する記事でした。

ビットコインの価格が上がり始めるとマウントゴックスが大量に売り始めたり、規制強化のニュースが流れたりするなど、価格を下げようとする勢力が必ず現れますね・・・・・・。

_