猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

カルダノ発案者、エチオピアの農業開発にブロックチェーン技術を利用することで覚書

カルダノでアグリテック

イーサリアムの共同設立者でありカルダノ (ADA) の発案者としても知られるチャールズ・ホスキンソン氏が、エチオピアの科学技術省との覚書に署名しました。カルダノブロックチェーン技術をアグリテック (IT による農業の効率化) に利用するようです。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Cardano to Help Ethiopia Grow Coffee Using Blockchain Tech

ブロックチェーンをアグリテックに利用

Hoskinson, who co-founded Ethereum and is at the helm at smart-contract fueled decentralized blockchain startup Cardano, has signed a memorandum of understanding (MOU) with Ethiopia’s Ministry of Science and Technology for ag-tech development on the public ledger.
イーサリアムの共同設立者であり、スマートコントラクトが強化された分散化ブロックチェーンスタートアップ「カルダノ」の責任者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏は、公開台帳上でアグリテック展開を行うことでエチオピアの科学技術省との覚書に署名しました。
According to the MOU, the participants will study ways that the blockchain could be used to track coffee along the supply chain or for land registry purposes to cut down on fraud, for instance. The partnership stands to have a long-term impact, as education is at the core of the arrangement. Hoskinson plans not only to share his ideas but also teach developers how to use Cardano’s blockchain technology on their own.
覚書によると、参加者はブロックチェーンが使用可能な方法、たとえばサプライチェーンに沿ったコーヒーの追跡や土地登記における詐欺削減などについて学習する予定です。このパートナーシップは教育が取り決めの中核を担っているため、長期的な影響をもたらすことになります。ホスキンソン氏の計画では、自身のアイデアを共有するだけでなく、開発者がカルダノのブロックチェーン技術を自分で使えるよう教育することになっています。
ブロックチェーン開発者のトレーニングとアグリテック産業でのカルダノの利用に関して、エチオピア科学技術省との覚書に署名なう
_