猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

ユニセフ、仮想通貨マイニングを利用した新しい募金システムを起ち上げ

CPUパワーを寄付

ユニセフオーストラリアが仮想通貨マイニングを利用した新しい募金システムを起ち上げました。「ホープページ (HopePage)」と呼ばれるウェブサイトに一般利用者がアクセスして CPU パワーを提供することで、仮想通貨「モネロ」のマイニングに協力するものです。

よくわからない人のためにもうちょっと簡単に説明すると、ホープページにアクセスしたコンピュータがある計算問題を解くことで、ユニセフが仮想通貨を得ることができるシステムになっています。訪問者は自分の財布から寄付するわけではなく、CPU パワーを提供することで間接的に寄付が行えます。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Unicef Australia Creates In-Browser Crypto Mining Website

訪問者のCPUパワーを借りてマイニング

The Australian department of children’s charity Unicef has created a novel way to raise funds using in-browser cryptocurrency mining.
Their ‘HopePage‘ was launched today which allows visitors to opt in to digital currency mining, choosing how much processing power they want to donate to the cause.
児童基金ユニセフのオーストラリア支部は、ブラウザ内仮想通貨マイニングを利用した新しい募金方法を構築しました。
本日ローンチされた「ホープページ (HopePage)」では、訪問者がコンピュータの処理能力をどの程度提供したいかを選択して、仮想通貨マイニングに協力することができます。
The website allows visitors to activate and deactivate the mining process manually. It also features a slider that lets contributors select how much processing power they want to donate to mining cryptocurrency. They can choose various increments between 20% and 80%.
同ウェブサイトでは、訪問者はマイニング処理の有効化・無効化を自分で選択できます。また、スライダーを使用して、仮想通貨マイニングに協力するための処理能力を選択することもできます。20%〜80% の値で選択可能となります。
The funds generated from the HopePage will be used to fund projects helping Bangladeshi children get clean water, food, and much needed vaccines.
ホープページで集められた寄付金は、バングラデシュの子供たちに綺麗な水や食料、そしてより必要なワクチンを与える支援プロジェクトに使用されます。
Currently, visitors are mining privacy-focused crypto coin Monero. This is because Monero doesn’t require specialist equipment to mine in the same way that Bitcoin does. Users can still successfully solve the algorithms that award new Monero coins using CPUs.
現在、訪問者がマイニングする通貨は匿名性に特化した「モネロ」です。モネロのマイニングでは、ビットコインとは違い特殊な機器を必要としないためです。ユーザは CPU を使用して新たなモネロを得るための問題を解くことができます。
Unicef’s website stated:
“The longer you stay on the page and the more processor power you donate, the more algorithms get solved, which earns cryptocurrency.”
ユニセフのウェブサイトでは次のように述べられています。
「ウェブページに長く留まるほど多くの処理能力を提供することができ、仮想通貨を得るための問題をより多く解くことができます」

今回はユニセフに関する記事でした。リンク:TheHopePage

ニュースなどで、ウェブサイトが「勝手に」ユーザの CPU を利用してマイニングを行うことが問題になりますが、ユニセフのホープページはもちろんユーザの許可を求める仕様になっています。スライダーで提供したい CPU パワー (20%〜80%) をセットしてください。

HopePage
TheHopePage
HopePage2
TheHopePage
_