猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

日本の350万人以上が仮想通貨に投資、取引量は2014年の5000倍に

350万人が仮想通貨投資

どうもワイです。

4 月 10 日に金融庁の「仮想通貨交換業等に関する研究会」の第 1 回会合が行われました。日本の仮想通貨投資に関するデータが報告されたようです。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Japan Has Over 3.5 Million Cryptocurrency Investors

350万人以上が投資

The Financial Services Agency (FSA), Japan’s financial watchdog, has published a report that gathered data from the 17 leading cryptocurrency exchanges in Japan and found that over 3.5 million people, close to 2.8% of its population, is investing in the emerging asset class. The agency added the number may be much higher since it is only counting with data provided by 17 out of a total of 32 companies operating in Japan. There are at least 100 more waiting on registration from Japan’s Financial Services Agency (FSA).
日本の金融監督機関である金融庁は、日本の主要な仮想通貨取引所 17 社のデータを収集した報告書を発表しました。それによると、日本の人口の 2.8% にあたる 350 万人以上が仮想通貨に投資していることがわかりました。同庁は、この数字は日本で運営される全 32 社中 17 社のデータを集計しただけなので、実際はもっと多くの人々が投資している可能性があるとしています。現在少なくとも 100 社以上が金融庁への登録待ちとなっています。
The regulatory body has also found the total volume of cryptocurrency trading was almost 5000 times higher in 2017 from 2014. The 2.35 billion yen traded in 2014 has given way to 10.3 trillion yen ($97 billion) during fiscal year 2017, which began on April 1, 2016 and ended on March 31, 2017. According to the website Cryptocompare, Japan is the no.1 country in this asset class. The country’s fiat money, JPY, accounts for 62 percent of the money invested in bitcoin worldwide.
同庁は、仮想通貨の総取引量が 2017 年には 2014 年の約 5000 倍になったことを明らかにしました。取引量は 2014 年の 23.5 億円から 2017 年度 (2016/4/1〜2017/3/31) には 10.3 兆円に増加しました。ウェブサイト「Cryptocompare」によると、日本はこのアセットクラスにおける世界 1 位となっています。日本の法定通貨である JPY は、世界的なビットコイン投資の 62% を占めています。

今回は金融庁の「仮想通貨交換業等に関する研究会」に関する記事でした。

記事によると、20〜35 歳が全体の 84% を占めるようです。また、投資額に関しては、91% が 50 万円以下とのことです。あなたはこのデータに当てはまりますか?

現在利用している取引所 (仮想通貨を売買するサイト)
  • Zaif 手数料が安い
  • bitFlyer セキュリティの評価が高い
  • coincheck 現在利用できません。