猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

カメラを持って桜を見に行こう(望遠レンズ編)

カメラを持って桜を見に行ってきました (3 日ぶり 2 回目)。

今回は、愛機である ソニー NEX-5R に CANON の望遠レンズを装着しました。
前回はこちら:カメラを持って桜を見に行こう

そろそろ散ってるかなと思ったけどまだ満開です。

Cherry blossom1

ズームと絞りを調節すれば、背景ボケの写真も撮れます。

Bokeh

望遠レンズを使うときの楽しみの一つは動物撮りです。
鴨がたくさんいるぞ!

Duck1
Duck

遠くの動物にもズームできちゃうよ!

Duck3

光合成を楽しむ猫。

Cat1
Cat2

まだつぼみが残っていました。
花見に行っていない人はまだ間に合うかも!

Bud2

撮影はすべて手持ち撮影で、現像は面倒なので撮って出し JPEG です。
望遠レンズたーのしー!

使用カメラ

前回同様、カメラはソニーのミラーレスカメラです。


ソニー SONY ミラーレス一眼カメラ α NEX-5Rボディ

レンズは CANON の望遠レンズ (55-250mm) を使いました。このレンズは中古で安く買いましたが、状態が新品同様に綺麗だったので満足しています。


Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS II APS-C対応

注意点として、ソニーのカメラと CANON のレンズはマウント (カメラとレンズがくっつく所) のタイプが違うのでそのまま取り付けることはできません。そのため以下のマウントアダプターを使っています。


STOK キヤノンEFレンズ-NEXマウントアダプター

このマウントアダプターは電子接点付きで、レンズの手ぶれ補正機能やオートフォーカスもちゃんと使える優れものです。こいつがあれば、CANON の豊富なレンズ群をソニーのミラーレスカメラでも使えます。

おしまい。