猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

リップルが提携するかもしれない有名企業トップ3

XRPを採用しそうな企業トップ3

どうもワイです。

リップル (XRP) は手数料が安くトランザクション速度も優れているため、多くの金融機関や企業に利用されつつあります。今後もリップルとの提携を発表する企業は少なくないと思われますが、世界的なあの有名企業との提携を大胆予想している人もいます。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Three Potential Partnerships That Could Propel Ripple to the Top

今後リップルと提携する有名企業は?

スターバックス

Starbucks Chairman has expressed his support and optimism with the blockchain technology and cryptocurrencies in the past, terming it as a necessity for businesses which want to prosper in the future. However, he went on to rule out Bitcoin as a payment method stating that Bitcoin would be unsuitable now and in the future. This leaves Ripple in a prime position when Starbucks finally decides to incorporate cryptocurrencies given its market-leading transaction speeds and negligible fees.

スターバックスの会長は、過去にブロックチェーン技術と仮想通貨に対して前向きな考えを示したことがあり、将来の発展を望む事業にとって不可欠な物になると述べています。しかし、ビットコインは現在および将来において不適切であるとして、支払い方法からビットコインを除外しました。これにより、スターバックスが最終的に仮想通貨を導入する際には、市場最高レベルのトランザクション速度と安い手数料を考慮すると、リップルが最も有力な候補になります。

アマゾン

While no official statement has been released by either Ripple or Amazon, it’s easy to see why Ripple would be the favorite cryptocurrency for Amazon. With 100 billion of XRP, the liquidity is clearly not an issue unlike many other cryptocurrencies. With Amazon serving millions of customers globally, Ripple’s low transactions fees and ability to scale would be ideal.

リップルやアマゾンからの公式な発表はありませんが、アマゾンがリップルを選択する理由は容易に考えられます。XRP の発行数量は 1000 億枚なので、他の多くの仮想通貨とは違い、流動性は明らかに問題ではありません。アマゾンは世界中に数百万の顧客を持つため、リップルの安いトランザクション費用とスケーリング能力が理想的なのです。

ポルシェ

Porsche is partnering with Xain, a Berlin startup for the implementation. While Xain is fully capable of developing its own blockchain, it’s highly likely that the startup will seek an established blockchain and cryptocurrency for the partnership. Ripple is being touted by many industry experts as the prime choice thanks to its negligible fees and the speed of transactions.

ポルシェは、ベルリンに拠点を置くスタートアップ企業の Xain と提携しています。Xain は独自ブロックチェーンの開発力を有していますが、提携においてすでに確立したブロックチェーンと仮想通貨を利用する可能性が非常に高いでしょう。リップルは、その安い手数料とトランザクション速度により、多くの業界のエキスパートたちに選ばれています。


今回はリップルの予想記事でした。

世界中の企業がブロックチェーンの導入を検討しています。各企業にとっては新技術を一から自社開発するより、すでに世界中の金融機関でテストが行われている高性能な既存技術を利用する方が望ましいのではないでしょうか。

世界中の金融機関や有名企業との提携によりリップルの将来性は明るいと思われます。またいつかドカンと高騰したらいいですねぇ (遠い目)。

現在利用している取引所 (仮想通貨を売買するサイト)
  • Zaif 手数料が安い
  • bitFlyer セキュリティの評価が高い
  • coincheck 現在利用できません。