猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

韓国企業カカオ、決済アプリKakaoPayで仮想通貨を利用可能に

KakaoPayで仮想通貨決済

どうもワイです。

KakaoTalk や KakaoPay などのアプリを開発する韓国企業カカオが独自仮想通貨を発行するようです。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
South Korea’s Kakao to Integrate Cryptocurrency For 12,000 Merchants & Millions Users

KakaoPayで仮想通貨決済

An exclusive coverage released by Asia Business revealed that Kakao’s fintech application KakaoPay, which registered 3 million users within its debut month, will integrate cryptocurrencies into its local application to allow users to send and receive cryptocurrencies. Kakao is also planning to launch its own cryptocurrency, similar to the model of Binance’s Binance Coin, within this year.

Asia Business の独占取材によると、公開からわずか 1 カ月で 300 万ユーザが登録したカカオのフィンテックアプリ『KakaoPay』が仮想通貨を導入し、ユーザはアプリを使用した仮想通貨の送受信が可能になるとのことです。また、カカオはバイナンスが発行するバイナンスコインのようなモデルの独自通貨を年内にローンチする予定です。

Once KakaoPay integrates cryptocurrencies like bitcoin and Ethereum, all the other Kakao apps would become compatible with cryptocurrency payments. If Kakao pursues its plan to integrate cryptocurrencies into KakaoPay by the end of 2018, millions of KakaoTaxi, KakaoTalk, and other Kakao applications will soon be able to utilize cryptocurrencies.

カカオがビットコインやイーサリアムのような仮想通貨を統合すると、他の全カカオアプリにも仮想通貨支払いの互換性が備わる可能性があります。カカオが 2018 年中に KakaoPay に仮想通貨を統合する計画を遂行すれば、KakaoTaxi や KakaoTalk、さらにその他のカカオアプリでもすぐに仮想通貨が使用可能になるでしょう。

Kakao’s market penetration in South Korea exceeds the 90 percent mark, in all three areas: messaging, taxi service, and fintech.

韓国におけるカカオの市場浸透率は、メッセージング、タクシーサービス、フィンテックの 3 分野すべてで 90 パーセントを超えています。


今回は、韓国のカカオが独自仮想通貨を発行するという記事でした。

仮想通貨は利用者が増えるほど価格が高騰すると考えられます。そのため、すでに多くのユーザが利用しているアプリや SNS などで採用されることは大きなインパクトがあるはずです。

たとえば、昨年には中国で利用者の多いチャットアプリ WeChat で NEM が使えるという話題が広まり、それをきっかけに NEM の価格が数倍に高騰しました。

今回の記事によると、KakaoPay は韓国で最も使用されているフィンテックアプリであり、韓国の若者の多くは銀行の代わりに同アプリを使用しているようです。

そのためカカオの独自通貨が発行されたらかなり人気が出そうに思えます。

現在利用している取引所 (仮想通貨を売買するサイト)
  • Zaif 手数料が安い
  • bitFlyer セキュリティの評価が高い
  • coincheck 現在利用できません。