猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

リップル、新たに4ヵ国の5社と提携

リップル4ヵ国の5社と提携

どうもワイです。

多くの金融機関と提携を結ぶリップル社がさらに 5 社と提携しました。

仮想通貨の英語記事シリーズ、今回はこの記事を読んでいきます。
Ripple Adds 5 New Clients Across 4 Countries

いくで、やるで、リップル提携や

Distributed ledger startup Ripple has today announced new partnerships with five banking and money transfer institutions across four different countries.

分散型台帳スタートアップのリップルは今日、4 ヵ国の銀行および送金企業 5 社との新たな提携を発表しました。

Going forward, the two banks - Itaú Unibanco from Brazil and IndusInd from India - along with money remittance companies InstaReM from Singapore, Beetech from Brazil and Zip Remit from Canada, will be adopting different Ripple platforms to facilitate real-time international payments, according to a press release.

プレスリリースによると、今後は銀行 2 社 - ブラジルの Itaú Unibanco およびインドの IndusInd、並びに送金企業 3 社 - シンガポールの InstaReM、ブラジルの Beetech、カナダの Zip Remit が、即時国際送金を促進するためにさまざまなリップルプラットフォームを採用する予定です。

While Beetech and Zip Remit plan to use Ripple's xVia product to facilitate international payment corridors aimed at individual customers, IndusInd, InstaReM and Itaú Unibanco plan to use xCurrent for real-time international transactions to financial institutions, according to Finextra.

Finextra によると、Beetech と Zip Remit は、個々の顧客をターゲットとした国際送金を促進するためにリップルの xVia プロダクトを使用し、一方 IndusInd、InstaReM および Itaú Unibanco は、金融機関への即時国際送金を目的として xCurrent を使用する予定となっています。


今回もリップルの提携に関するニュースでした。

リップルのプロダクトには RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia などがあります。違いがややこしいですが、XRP を使用するプロダクトは xRapid です。

リップルは世界中の金融機関との提携をどんどん進めており、ニュースサイトを見ると毎日のようにリップルの記事が目に入ります。リップルの通貨 XRP はもっと高騰してくれても良さそうなものですが・・・・・・。気長に待つしかないのかな。

_