猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

仮想通貨が大暴落!儲からないときこそ勉強タイム

Space 1728186 640

どうもワイです。

前々から 1 月には暴落するかなーとサラッと書いていましたが、ちょっと想像以上の大暴落がきましたね。今年から仮想通貨市場に参入された方は強烈な洗礼を受けていることと思います。

ちなみに僕が参入したのは昨年の 8 月中旬、色々な通貨が高騰して最初はウキウキしていたのですが、9 月から下落が始まりその後しばらく憂鬱な展開となりました。特に僕が多くの資金を投じていた NEM (XEM) は 2 カ月に渡り下落を続けました。

NEM
当時の NEM

そのようなときはチャートとにらめっこをしていても気分が沈むだけなので、「今は勉強するとき」と割り切って色々な本を読んだり、プログラムを組んで投資戦略を研究したりしていました。

その後の高騰で原資を数倍に増やすことができたので、(運が良かったのもありますが) 昨年の下落中に勉強したり研究したりしたことが役立ったと思います。もし昨年の下落がなく、何を買ってもどんどん儲かる相場がずっと続いていたら勉強も研究もしなかったことでしょう。

現在もまさに「勉強のとき」なのかもしれません。

下落期こそ勉強を

下落前に購入した通貨をガチホ (塩漬け) して安くなったら買い増し (ナンピン買い) をしている人もいると思います。最近急激に増えた仮想通貨 YouTuber なども「ガチホしろ」とか「暴落したら買い増しチャンス」などと言っている人が多いようです。

ナンピン買いをすることで平均購入価格を引き下げることができますが、下落がしばらく続くと予想される場合は、いったん損切りしてから安く買い戻す方がナンピン買いより利益率が高くなります。

以下の記事ではその仕組みについて説明しています。

昨年末から YouTube で色々な動画を見ていましたが、「買い」について推奨する人ばかりで「売り」について言及する人はあまりいないようです。おそらく何らかの理由があるのでしょう。

さて、次は「予想しないで勝つ」投資戦略についてです。

仮想通貨投資をしている人は、「そろそろ底値かな?」「2 月は高騰しそう」などの予想に基づいて売買する人が多いと思いますが、初心者の予想はなかなか当たらないものです。

以下の記事では、予想に頼らず、むしろ予想をせずに投資で勝つ方法について検討しています。ついでにお勧めの映画も紹介していますので気分転換にどうぞ。

以上の記事で紹介している移動平均線ルールを最近のビットコインなどの日足チャートなどで検証してみてください。

最近の下落はつらい展開ではありますが、これまでの記事でいくつかの本を紹介していますので、この機会に勉強したり自分の投資戦略 (売買ルール) を作ってみたりするのもいいかもしれません。

※ 投資関連の本は高価なものが多いですが、僕は余裕で回収できたので投資対効果は非常に高いと思います。

_