猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

1分で覚える「make up for 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「make up for 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

単語 3 つで構成されるパターンか。

「〜の埋め合わせをする」「〜を補う」

make up for 〜 は「〜の埋め合わせをする」とか「〜を補う」という意味。たとえば、何かうまくいかなかったときなどにお詫びとして埋め合わせをするというときに使われるよ。

この for は前置詞なので、for の後ろには名詞や代名詞がくる点に注意。

前置詞は名詞や代名詞の前に置くものでしたね。

 例文
[1]

I have to make up for lost time.

遅れを取り返さなければならない.

[2]

I will make up for it next time.

この次に埋め合わせします。

[3]

I will work hard to make up for it.

おわびに一生懸命働きます。

[4]

I'll try to make up for my lack of sleep by taking a nap.

昼寝して睡眠不足を補うよ。

[5]

You make up for what I lack.

あなたは私に足りないことを補う。

I will try to make up for my lack of sleep by taking a nap

このように make up for 〜 は「〜の埋め合わせをする」「〜を補う」という意味になる。

[例文5] の what I lack は「私に足りないこと」。この what は関係代名詞で、what + [主語] + [動詞] で「〜こと」とか「〜もの」という名詞節になるよ。

前置詞 for の後ろには名詞や代名詞を置くルールだから、what が作る名詞節でもいいんですね。

そう、文中に登場する what は大体このパターンだから覚えておくといいよ。

例文引用
[4][5] Weblio Email例文集