猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

1分で覚える「apart from 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「apart from 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

最近、勉強会のペースが落ちてませんか?

いろいろ忙しいのよ。

いろいろねぇ・・・・・・。

「〜から離れて」

apart from 〜 は「〜から離れて」という意味。

apart って人が住むアパートですよね。

いや、それは apartment で「アパート」または「マンション」のこと。

apart from 〜 は時間的・空間的に離れていたり別れていたりするイメージだよ。

例文を見てみよう。

 例文
[1]

Misa lives apart from her parents.

ミサは両親と別居している。

[2]

Place the desks apart from each other.

机を離して置く。

このように「〜から離れて」という意味になる。

そんなに難しくないですね。今回はこれで終わりですか?

いや、apart from 〜 には他にも大事な使い方があるよ。

「〜のほかに」「〜を除いて」

apart from 〜 には「〜のほかに」とか「〜を除いて」という意味もある。これは、何かを除外するということ。

除外?

例文で確認しよう。

 例文
[3]

Apart from joking

冗談はさておき

[4]

Apart from that

それ以外では

[5]

Apart from him, there's no one who can do it.

彼をおいてはそれをなし得る者はない。

[6]

Apart from cats, I like animals.

猫は別として動物は好きだ。

Apart from cats

[例文5] は「彼のほかにそれができるものはいない」ということ。

[例文6] は「猫を除いて動物が好き」、つまり猫は嫌いということだね。

えぇ・・・・・・。

このように、apart from 〜 は「〜から離れて」だけでなく「〜のほかに」とか「〜を除いて」という意味でも使われるよ。

意味は違うけど、どれもイメージは似ていますね。

例文引用
[2] 斎藤和英大辞典
[5] 新和英中辞典
[6] Tanaka Corpus