猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

1分で覚える「put up with 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「put up with 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

「〜に耐える」「〜を我慢する」

put up with 〜 は「〜に耐える」とか「〜を我慢する」という意味で、嫌なことに耐えるとか我慢するという場合に使われるフレーズ。同じ意味を表す単語に tolerate があるよ。

じゃあ tolerate だけ覚えればいいじゃないですか。

tolerate のような難しい単語は少し固い印象になるから、日常会話では put up with のように簡単な単語を組み合わせたフレーズの方が自然なんだよ。

 例文
[1]

I can't put up with this noise.

この騒音に耐えられない。

[2]

You don't have to put up with it.

我慢しなくていいですよ。

[3]

We have to put up with a lot of noise when the children are at home.

私たちは子供が家にいるときには騒音にはずいぶん我慢しなければならない。

[4]

She could no longer put up with his insulting words.

彼女は彼の無礼な言葉にもう我慢できなくなった。

このように put up with 〜 は「〜に耐える」とか「〜を我慢する」という意味になる。

[例文4] の no longer は「もはや〜でない」という否定を表すフレーズ。だから She could no longer put up with 〜 で「彼女はもはや〜を我慢できなくなった」となる。

insult は「侮辱する」とか「ばかにする」という意味だから、insulting words が「無礼な言葉」を表しているよ。

insult 以外は簡単な単語ばかりだけど、no longer や put up with などのフレーズを知らないとこの文の意味はわからないですね。

そう、単語の意味だけを繋げて英文を読もうとしても無理があるから、よく使われるフレーズも知っておく必要があるね。

I cannot put up with this noise
例文引用
[3][4] Tanaka Corpus