猫でもわかる 秘密の英語勉強会


オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

英語の前置詞を
イメージで覚える

英会話を短期間で
身につけるには?

1分で覚える「go through 〜」の意味と使い方

今回は英語フレーズ「go through 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

through は前置詞の勉強会で覚えましたね。「〜を通り抜ける」でしたっけ。

そう、トンネルなどを通過するイメージだね。

「〜を経験する」

go through は文字通り「〜を通り抜ける」という意味もあるけど、今回勉強するのは「〜を経験する」という意味。

トンネルを抜けるように、経験や体験をしながら進んでいくイメージで考えて。

まず、「〜を通り抜ける」や「〜を通過する」という意味になる例文はこれ。

 例文
[1]

He went through the tunnel.

彼はトンネルを通り抜けた。

[2]

Our bus went through a long tunnel.

私達のバスはトンネルを通りぬけた。

これは前置詞 through のイメージ通りだからわかりやすい。

うん、そして今回のテーマである「〜を経験する」は以下の例文。

 例文
[3]

I went through a very hard time.

私はとても辛い体験をした。

[4]

She went through a lot as a girl.

彼女は少女のころにいろいろ苦い経験をした。

[5]

My grandfather went through many dangers during the war.

私のおじいさんは戦争中に多くの危険を経験した。

このように go through 〜 で「〜を経験する」という意味になる。トンネルなどを通過するイメージと同じように、何らかの経験をしながら進んでいく感じだね。

I went through a very hard time

基本的なイメージは「〜を通り抜ける」とあまり変わらないですね。

うん。また、go through は「〜を通り抜ける」や「〜を経験する」以外の意味でも使われるよ。

 例文
[6]

My application went through.

申し込みがやっと受理された。

[7]

The bill at last went through.

その法案はついに通過した。

[8]

I went through every drawer of the desk.

机の引き出しの中を全部調べてみた.

このように、「法案や申請などが通過する・承認される」、「探す」という意味にもなるよ。

同じフレーズが色々な意味に使えると、覚えることが少なくて便利ですね。

例文引用
[4] Eゲイト英和辞典
[7] Tanaka Corpus