猫でもわかる 秘密の英語勉強会


基礎から勉強するなら
この本・マンガ

英語の前置詞を
イメージで覚える

オンライン英会話の
レッスンってどんな感じ?

意外と知らなくて困る「英語の相づち」の打ち方まとめ

英語で何て言えばいいかわからないことって色々あるけど

はい。

会話の基本なのに意外と知らなくて困るのが「相づち」の打ち方だね。

はい。

相づちのバリエーションを増やさないとワンパターンになりがちだよ。

はい。

というわけで今回は、英語の相づちやフレーズをいくつか覚えよう。

はい。

 

 

英語の相づち

同意・了解する

  • Right. そうだね。
  • Exactly. そのとおり。
  • Definitely. もちろん。
  • Absolutely. もちろん。
  • That's right. そのとおり。
  • I see. なるほど。
  • Uh-huh. うん。
  • Yeah. ええ。
  • Right. そうですね。
  • I agree. そうですね。
  • I agree with it. それに賛成します。
  • I think so too. 私もそう思います。
  • Why not. もちろんです。
  • No problem. 大丈夫です。
  • Sure. いいですよ。
  • Certainly. 了解しました。
  • Gotcha. 了解です。
  • Probablly. たぶんね。
  • That's funny. 面白いね。
  • That's interesting. 興味深いね。
  • That's great. それは良かった。

まずは、相手の言葉に同意したり了解したりするときの相づち。

同意するだけでも色々なパターンがありますね。

そう、いきなり全部覚える必要はないけど、いくつか覚えて使い回すだけでもワンパターン化を防げるよ。

否定・反対する

  • I'm not sure I agree. そうは思わない。
  • No way. とんでもない。
  • Absolutely not. 絶対無理。
  • Definitely not. 絶対無理。
  • It's not my fault. 私のせいではないです。
  • It's not my problem. 私の問題ではないです。
  • I didn't mean it. そんなつもりではなかったんです。
  • Who cares? どうでもいいよ。
  • I don't care. どうでもいい。
  • Whatever. 何とでも言ってよ。
  • So what? それがどうした。

否定したり反対したりするときの相づち。

Who cares? は疑問文じゃないんですか?

これは、直訳すると「誰が気にするんだ?」となるけど、そこから「そんなの誰も気にしない」「どうでもいい」という意味になるんだよ。

どちらとも言えない

  • It depends. 場合による。
  • Maybe. そうかも。
  • Maybe so. たぶんそう。
  • Possibly. そうかも。
  • I can't decide. 決められない。
  • I can't say. どちらとも言えない。
  • I don't know how to answer that. 何と答えたら良いかわからない。
  • I'm not sure. わかりません。
  • I'm not sure what to do. どうしたら良いかわかりません。

「はい」とも「いいえ」とも言えないときのフレーズ。

「わからない」とか「場合による」ということですか。あいまいですね。

うん、あいまいな表現を好む日本人は It depends.「場合による」とか It depends on the person.「人による」を使う人が多いと言われているね。

えぇ? それは人によるでしょ。

驚く・感心する

  • Wow! わぁ!
  • Sounds great! すごいね
  • That's great! すごいね!
  • Amazing! すごい!
  • Nice! すごい!
  • You can't be serious. まさか。
  • You're kidding! まさか!
  • You must be kidding! 冗談でしょ!
  • How beautiful! なんて美しいんだ!
  • How ridiculous! なんてばかげているんだ!
  • How awful! なんてひどいんだ!
  • That's terrible! それはひどい!
  • That's too good to be true! できすぎだよ!
  • What a nice person! なんて良い人なんだ!
  • That's a good question. いい質問ですね。
  • That's not fair! ズルい!

驚いたり感心したりするときのフレーズ。相手の話を聞いて「それはすごいね!」って言ったりするでしょ。

驚くにも英語のフレーズを覚えておく必要があるのか。

フレーズを知らないせいで「ワォ!」しか言えないということもあり得るからね。

聞き返す

  • Pardon? えっ?
  • Really? 本当?
  • Say what? 何だって?
  • Come again? 何だって?
  • You must be joking. 冗談でしょう。
  • Are you serious? 本気で言ってる?
  • Do you mean that? 本気で言ってる?

相手の言葉を聞き返したり確認したりするときのフレーズ。

聞き返すフレーズを知らないと相手の話がわからなかったときに困りますね。

考える

  • Let me see. えっと。
  • Let me think it over. 考えさせてください。
  • Just a second. ちょっと待って。
  • Just a moment. ちょっと待って。
  • Well. えっと。まぁ。
  • Uhh... あー・・・
  • Mmm... うーん・・・
  • I mean... つまり・・・

考えるときのフレーズ。つまり「えっと」とか「ちょっと待って」と言うフレーズだね。

スラスラ話せないうちは考える時間が欲しいから必須のフレーズですね。

相づちの打ち過ぎに注意

相づちにも色々なパターンとフレーズがありましたね。

そう、同意したり反対したり、判断できなかったり驚いたりね。

ただし、日本人は会話中にかなり頻繁に相づちを打つ傾向があるけど、英語圏ではそれほど相づちを打たずに静聴するのが普通だよ。

その点に注意して、自然な頻度で相づちが打てるようになるといいね。