猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

Google?すごいよね。文字数を「減らす」SEOについて

どうも。今回はSEOについて何となく思ったことを書きます。つまらない話なので暇な人以外は読まなくて良いです。

文字数とユーザー満足度

Board 1106649 640

SEOというと、よく「文字数を1000字以上にしよう」とか「滞在時間がー」「直帰率がー」とか言われています。文字数が多くユーザー(読者)の滞在時間が長い記事の方が上位に表示されやすいと考えられがちですね。実際にそうなのかもしれませんが。

しかし、Googleで英語関係の調べものをしていると、文字数がとても少ないのに1位や2位に表示されている記事を頻繁に目にします。

たとえば「That's why That's because」で検索すると、1位には質問サイト、2位には個人ブログが表示されます。この2位に表示されているのは文字数が400字未満のとても小さな記事です。

この文字数ではユーザーの滞在時間もかなり短いはずです。それなのになぜ上位に表示されているのか。しばらく考えて気付いたのは単純な答えでした。それはGoogleがきちんと「ユーザー満足度」を評価しているということです。

該当記事はファーストビュー、つまり「開いてすぐに」答えが載っています。そして余計な情報が載っていません。「That's why That's because」と検索したユーザは「That's why」と「That's because」の違いが知りたいのであって、その答えが「すぐに」見つかる記事ほど満足度が高いのです。

必ずしも、文字数が多く滞在時間が長いほどユーザーが満足しているとは限りません。瞬殺で答えが手に入る方が満足できるケースも多いはずです。

もちろん、「面白記事」や「読みもの系」なら文字数が多く滞在時間の長い記事の方が満足度が高いと言えるかもしれません。しかし「調べもの系」の場合は、答えがすぐに手に入る記事ほど価値が高いとも考えられます。

そもそも『Googleが掲げる10の事実』において、以下のように明言されていますね。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google が掲げる 10 の事実

「長文なら価値が高い」とか「滞在時間が長ければ良記事」とは限らない。「ユーザーが欲しい情報だけ載せ、欲しくない情報は載せない記事」も、ユーザーの負担を減らす良記事と言えそうです。

本ブログでも「1000字以上は書くべき?」と考えていますが、答えをすぐに返すこともまた重要だと思いました。

(1000字)