読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

楽しく英語を勉強することを目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを扱っています。

1分で覚える英語フレーズ「it is no wonder that 〜」の意味と使い方

it is no wonder that 〜

今回は英語フレーズ「it is no wonder that 〜」の意味と使い方を勉強しよう。

「〜は不思議ではない」「〜は明らかだ」

it is no wonder that 〜 は「〜は不思議ではない」とか「〜は明らかだ」という意味。

wonder は動詞でしたっけ?

いや、動詞として使うこともあるけど、it is no wonder that 〜 という場合の wonder は「驚き」や「不思議」という意味の名詞だよ。

だから no wonder で「不思議ではない」となるんですか。

 例文1

It's no wonder that he is angry.

彼が怒っているのも不思議ではない。

 例文2

It's no wonder that he couldn't sleep well.

彼がよく眠れなかったのは当然だ。

このように that 以下で説明することに対して「不思議ではない」「当然だ」という意味になる。

彼がよく眠れなかったのは当然だ。

Could not sleep

迷惑すぎる。

次のように it is や that が省略されることもあるよ。

 例文3

No wonder he got angry.

彼が怒ったのも無理はない。

 例文4

No wonder she is so happy.

彼女が喜ぶのは当然だ。

 例文5

He refused the offer, and no wonder.

彼はその申し出を断ったがそれも当然だ。

 例文6

No wonder!

道理で!

彼女が喜ぶのは当然だ。

She is so happy

生魚にリボンはないわ。

例文引用
[5] 英和活用大辞典

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。