読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

英語で「会う」を表す meet と see の微妙な違い

動詞 meet の意味は?

「会う」ですよね。

そう、そして動詞 see にも「会う」という意味があるよね。

see の基本イメージは「見える」だけど、そこから派生して「会う」という意味になるんでしたっけ。

よく覚えていたね。今回は「会う」を表す meet と see の違いを見ていくよ。

meet と see の違い

meet は「出会う」「待ち合わせる」

 例文1

When did you meet Misa?

ミサと出会ったのはいつですか?

Three years ago.

3 年前です。

 例文2

I'm going to meet her for dinner tomorrow.

明日、夕食を食べるために彼女に会うつもりです。

 例文3

Let's meet at the station at 7:00.

駅で 7 時に会いましょう。

meet は「出会う」「待ち合わせる」 という意味。

初めて誰かと出会った場合や知り合いになった場合には meet を使うよ。

[例文1] は初めて出会った日はいつですかという質問。たとえ毎日顔を合わせていても、初めて出会ったのはずっと前だよね。

また、誰かと会う予定や計画を立てるときにも meet を使う。

[例文2] と [例文3] は誰かと待ち合わせるという意味だね。

これが「待ち合わせる」ということですか。

 例文4

Nice to meet you.

お会いできて嬉しいです。

[例文5] は誰かと初めて出会ったときの挨拶だよ。

meet のイメージ

Meet

see は「会う」「見かける」

 例文6

When did you see Misa?

ミサと会ったのはいつですか?

Yesterday.

昨日です。

 例文7

Nice to see you again.

またお目にかかれて嬉しいです。

see は「会う」とか「見かける」という意味。

「会う」といっても初めて出会うという意味ではなく、2 回目以降の「会う」だよ。

[例文7] は 2 回目以降に会ったときの挨拶だね。

初めて会ったときは meet で 次からは see ですね。

そう。また、see の「目に入る」イメージから派生して「見かける」という意味にもなるから、会って話をした場合だけでなく、ただ見かけただけでも see が使えるよ。

 例文8

Why don't you go see a doctor?

医者に診てもらったら?

医者や弁護士に会って相談したり診てもらう場合も see を使うよ。

彼を見かけた。

See him

声をかけてくれてもいいんだよ。

 

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。