読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

猫たちと学ぶ、英語初級者のための勉強会

英語で「家」を表す house と home の微妙な違い

英語の微妙な違い

house と home はどんな意味?

どちらも「家」ですね。

そう、ただし「家」と言っても建物としての家や家庭という意味もあるよね。

建物と家庭ではちょっと違いますね。

うん。というわけで今回は house と home の違いを見ていこう。

house と home の違い

house は建物

 例文1

I want to buy a house.

家を買いたい。

 例文2

You can stay at my house.

うちに泊まればいいよ。

house は建物としての家。

普通は一戸建ての家 (建物) を表す単語だよ。

[例文1] は建物を買いたがっているんですね。

そう、建物は買うことができるけど家族や家庭は買えないからね。

house のイメージ。

House

home は家庭

 例文3

There's no place like home.

我が家にまさる所なし (ことわざ)

house は物理的な建物に限らず、家族が生活する場所とか自分が帰るべき場所というイメージ。

建物を表す house よりも home の方が安心できる心地よい感じですか。

そうだね。

 例文4

Where is your home (town)?

お国はどちらですか?

home には「家庭」「故郷」「本国」などの愛着を含む意味もあるよ。

スポーツの試合会場にもホームやアウェイがありますね。

その場合のホームは「本拠地」という意味だね。

 例文5

Go home at once.

すぐ家に帰りなさい。

 例文6

I'm home.

ただいま。

home は副詞として使うこともできて、I'm home. と言うことはできても I'm house. とは言わない点に注意。

home のイメージ。

Home

日曜日の夕方に家に帰ってる感じがするのはなんでだろう。

例文引用
[2][4] ウィズダム英和辞典

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。