読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

楽しく英語を勉強することを目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを扱っています。

英語で「学ぶ」を表す study と learn の微妙な違い

英語の動詞 study と learn は知ってる?

それぐらい知ってますよ。どちらも「学ぶ」という意味ですよね。

では、study と learn の違いは?

この 2 つに違いなんてあるんですか? どっちも同じだと思ってました。

どちらも英語で「学ぶ」を意味する単語だけど、微妙に違いがあるんだよ。それでは、今回は study と learn の違いを見ていこう。

study は勉強する行為や過程に焦点

study は、本を読んだり教育を受けたりして勉強や研究をすること。勉強するという行為や過程に焦点が当てられていて、結果は重要ではない。

たとえ結果的に知識や技術が身につかなかったとしても、勉強という行為がなかったことにはならないでしょ。

 例文1

She is studying English.

彼女は英語を勉強している。

これは本を読んだりして勉強という行為をしていること。勉強したことが身についたかどうかは関係ない。

 例文2

She studied hard to be a doctor.

彼女は医者になるために一生懸命勉強した。

study hard で「一生懸命勉強する」。この hard は副詞で「一生懸命に」とか「必死に」という意味だよ。

この勉強でちゃんと知識が身についたかどうかは分からないんですね。

learn は習得する過程と結果に焦点

learn は、教育や経験を通して、知識や技術が身につく過程と結果に焦点が当てられている。

たとえば、She learned English last night. と言うと「彼女は昨晩英語を習得した」という意味になってしまう。これは「昨晩、英語が使いこなせるようになった」ということ。

それは変ですね。

 例文3

She is learning the piano.

彼女はピアノを習っています。

 例文4

He learned how to drive a car when he was in college.

彼は学生時代に車の運転(の仕方)を学んだ。

[例文3] はピアノを習っている、身につきつつあるというイメージ。

[例文4] は運転を身につけたということだね。

ちゃんと運転できるようになったことを意味しているんですね。

 例文5

I studied economics for three years but I learned nothing.

経済学を3年間勉強したが何も身につかなかった。

 例文6

We learned a useful lesson from studying his life.

彼の人生を研究することで我々は有益な教訓を学んだ。

He studied English but he learned nothing.

He learned nothing

その顔やめて。

例文引用
[5][6]ウィズダム英和辞典
[4] weblio英和辞典・和英辞典

登場キャラクター

シン
英語が苦手な少年。ミサから英語を教わっている。

ミサ
英語を教えてくれる近所のお姉さん。

レイ
シンの同級生。絵を描いて勉強会のサポートをしている。