読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫でもわかる 秘密の英語勉強会

「読むだけで英語が身につく」を目標に、英語フレーズや英語記事の解説など、初級者向けのさまざまなトピックを猫たちと一緒に勉強します。

英語の前置詞をイメージで覚える勉強会「入っていく into」

前置詞 into

今回は前置詞 into について勉強しよう。

into の意味は「〜の中へ」ですね。in とは違うんですか?

into と in は似ているようでちょっと違うの。

ではまず into の基本イメージを見てみよう。

into の基本イメージ:中に入っていく

into の基本イメージは「中に入っていく」。ものや空間の内部に入っていくというイメージ。

in は「〜の中」という静的なイメージだけど、into は外から中に入っていくという動きのあるイメージだよ。

中に入っていくイメージ。

Into

飛び込んでいるね。

in のイメージはこうだったでしょ。

In

なるほど、into は in よりも活動的な感じですね。

場所 (〜の中へ)

She pored tea into a cup.

彼女はカップにお茶を注いだ。

He walked into the convenience store.

彼はコンビニに歩いて入った。

the main road into the airport

空港に通じる幹線道路

外にあったものが中へ移動する感じがわかるでしょ。

そうですね。

衝突

He smashed into a tree.

彼は木にぶつかった。

The car crashed into a tree.

車が木に衝突した。

何かにぶつかった、衝突したというときにも使われるよ。

 

I ran into her in a supermarket.

スーパーで彼女に偶然でくわした。

run into、bump into で (偶然出くわす) という意味になるの。

出くわすことはぶつかるイメージなんですね。

変化

She can translate Japanese into English.

彼女は日本語を英語に翻訳できる。

turn two small bedrooms into one big room

2つの小さな寝室を1つの大きな部屋にする

引用:ウィズダム英和辞典

into には「変化」のイメージもあるよ。

「日本語を英語に変化させる」「2つの部屋を1つに変化させる」ってことですね。

その他のフレーズ

他にもこんなフレーズがあるよ。

look into 「〜を調べる

change A into B 「AをBに変える」

break 〜 into pieces 「〜を粉々にする」

put 〜 into action 「〜を実行する」

take 〜 into consideration 「〜を考慮する」

classify A into B 「AをBに分類する」

divide A into B 「AをBに分割する」

 

関連記事:英語の前置詞をイメージで覚える勉強会